ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

5分間の小旅行〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

おそらく、20代以下の人たちでしょうか
若い人たちの間の最近の気になる曲として
小泉今日子さんの『木枯らしに抱かれて』があるそうです。
(昭和61年〔1986年〕11月発売)

なぜそんな30年も前の歌が気になるのか・・・
その要因を探っていくと
どうも今年から放映され始めた
ポカリスエットのCMにあるようです。

https://www.youtube.com/watch?v=h2pu5iHJCG8
(ポカリスエットCM「デュエット」篇 15秒)

https://www.youtube.com/watch?v=2iQDR6w2eRQ
(ポカリスエットCM「木枯らしに抱かれて」篇 30秒)


実際に小泉今日子さんが歌われているYoutubeのコメント欄を見ると
「CMで気になって両親に聞いて来ました」とか
「一瞬で好きになって死ぬ気で探して…やっと見つけた…」とか
「まだこんな自分の知らない神曲があったとは」など
好意的なコメントが多いようです。


私はよく、70~90年代につくられた
いわゆる『歌謡曲』と言われる歌をYoutubeで聴くのですが
現在の歌の直接的な歌詞と違い、表現がとても詩的なので
自分の中で『空想』を自由に膨らませてくれる心地よさがあります。

また、昔の歌はそれほど長くなく
ほとんどが5分以内に収まる曲ばかり。

『5分間の小旅行』を満喫するといったところでしょうか・・・


ただ単に、その曲が流れていた若い頃を思い出すだけでなく
短い時間でちょっとした気分転換を味わうという意味においても
(同じように、旅行に行った気分、小説や映画に触れた気分になるという意味においても)
お気に入りの『歌謡曲』を見つけてみるのもいいかもしれませんね。


当時その曲が流れていた頃は何も感じなかったけど
年齢を重ねた今、改めて聴いてみると
すごく素敵だと感じる曲がとてもたくさんあるような気がします。
 

眠れぬ夜に〔♯5〕『嫉妬』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔#5〕

『嫉妬(しっと)』とは・・・
『他者を基準にして生きること』である。



〔解釈とヒント〕

『嫉妬』は感情の中でも、ものすごく強い感情のひとつです。

「あの人は私よりもスタイルがいい」
「あの人は私よりも頭がいい」
「あの人は私よりも金持ちだ」
「あの人は私よりもいい生活を送っている」
「あの人は私よりも周りの評判がいい」

etc…

これらは皆、相手を基準にして自分が劣っていることを
恨めしく思う気持ちにあります。

では、どうしてこんな気持ちを抱いてしまうのでしょうか?


それは、「隣の芝生は青く見える」のことわざのように
他人の方がよく見えてしまうところにあります。

ものごとの判断基準は、一般的に『相対比較』によって行われるので
誰を基準にするかによってその良し悪しも変わってくるわけですが
人は本来、満足することができない生き物なので
つい、 “ある” 人と比較してしまって “ない” 自分に劣等感を持ったり
落ち込んでしまったり・・・ということになります。


では、どうすればいいのでしょうか?

ひとことで片づけてしまうと
『自分を基準にする』ことにあります。

というのは
他人は変えられないけれど、自分を変えることはできるからです。


少し話は難しくなってしまいますが、『自分を基準にする』方法のひとつに
近代ドイツの哲学者、ヘーゲル(1770-1831)が唱えた『弁証法』というのがあります。

これは、マイナスをプラスに変える発想で

「 正 → 反 → 合 」
「 テーゼ → アンチテーゼ → ジンテーゼ 」

と表現されたりしますが

 ある物事(正:テーゼ)に対し
 それに矛盾する事柄や問題点
(反:アンチテーゼ)がある場合
 これらを取り込んで矛盾や問題を克服し
 より完璧に発展した解決法
(合:ジンテーゼ)を生み出す

という方法です。


ひとつ例を挙げてみますね。

 〔正〕いい会社に入っていい給料をもらうために、大学に行こう
 〔反〕周りの人よりも勉強ができなくて、大学に入れそうもない
 〔合〕いい報酬がもらえるような、誰もマネできないような一流の職人になろう
   (だがら、手に職をつけることにしよう)


(ポイントは、矛盾や問題点としっかり向き合うこと)


矛盾や問題点に向き合うのが怖いからと言ってそれを切り捨ててしまえば
決してプラスの効果を生むことができません。

つまり、本当に ”強くなる” ためには
これらの矛盾や問題点に向き合う必要があります。

嫉妬の目を自分自身に向けることによって
マイナスと思っていたことが『個性』や『チャームポイント』に変わる日も
それほど遠くないかもしれませんね。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

『こころのケア:統合医療セミナー』ご案内(2019/2/3 @名古屋)(再送)

みなさま、いつもありがとうございます。

当方が理事をつとめております一般社団法人『家族と心の研究所』と提携関係にある
統合医療『クリニック徳』の高橋徳先生主催によるセミナー
『第2回こころのケア:統合医療セミナー』が開催されます。

「統合医療」とは、西洋医学と東洋医学の長所を取り入れ、お互いの短所を補い合う医療のことです。

「こころのケア:統合医療セミナー」では、医師・カウンセラー・ヨーガ療法士・気功療法師、鍼灸師などが協力して、メンタルケアに当たります。
この国の心の病いの臨床を変革していくための、新しい試みです。

薬物治療のみに依存してしまっている現在の医療に不安を感じている方に、ご参加いただければと思っています。
また、みなさん一人ひとりが医師や薬頼みにせず、セルフケアの意識を持ち、薬漬け医療から脱却していただければと願っています。
スタッフが個々の方々に密接に向かい合うため、少人数制(定員10名)とさせていただきました。
定員になり次第、申し込み受付けを終了させて頂きます。


    ~ 記 ~

日時:2019年2月3日(日)
   10時~12時 自己紹介、座学、うつ病患者の体験談
   13時~18時 ヨーガセラピー、呼吸法、瞑想、気功、運動、フォローアップの説明
           カウンセリング/鍼(無料;希望者)
   18時~20時 懇親会(希望者)

場所:クリニック徳 http://clinic-toku.com/
   (名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル11階)
   (地下鉄伏見駅5番出口徒歩5分)

定員:10名

料金:8500円(税込)

お問い合わせ・申し込み:クリニック徳
            Tel 052-221-8881
            fax 052-221-8882
            kenkodojoclinic@gmail.com

カウンセリング場所について(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

セッションを行う際の場所ですが、専用のルームを所有していないため、街中にあるカフェやホテルラウンジ、貸会議室などを使って行います。

お問い合わせのメールをいただいた後、セッションを希望される地域や場所を伺いますが、ご希望があれば、さらにプライバシーの保たれる、安心してお話しできる空間をご確保しますのでなんなりとお申し付けください。

(ご自宅への訪問はもちろんのこと、緑いっぱいの公園のベンチ、車でドライブ、海を見ながら… というのも可能ですよ!)

ただし、いずれの場合も片道距離10kmにつき1000円、以降10kmにつき1000円の交通費をいただきますので、ご了承願います。

〔交通費参考〕
\ 1,000.- (名古屋市(名東区、天白区、緑区)、長久手市、みよし市、豊明市)
\ 2,000.- (名古屋市(上記以外)、豊田市、尾張旭市、瀬戸市、春日井市、大府市、刈谷市)
\ 3,000.- (岡崎市) \ 4,000.- (一宮市) \ 5,000.- (豊橋市)
(日進市内は無料)


  ※本文は第2月曜日に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

「 ”うつ” が治らない」と嘆く方へ

みなさま、いつもありがとうございます。

最近、問い合わせで増えつつあるのが
心療内科に通っているという患者さんから
「薬を何年も飲み続けているけど、いつになったら治るのか」という話。

私はお医者さんではないので
その方の ”うつ” が病的であるかどうか、はたまた
治る・治らないという話をすることはできませんが
ひとつ、”うつ” のみなさんに質問してみたいことがあるのです。

それは

「もし、お医者さんから『もう治ったので来なくていいですよ』と言われたら、どうしますか?」

ということ。


ちなみに、私の中で ”うつ” というのは『脳の病気』として認識しています。

 〔現代医学による ”うつ” のおもな検査方法〕
 ・光トポグラフィー検査(近赤外線を使用して前頭葉の血流量の変化パターンを確認する)
 ・CTやMRIによる神経変性疾患診断(+脳の収縮などの確認)
 ・脳波検査(脳の “異常活動” を観察する)  など


つまり、これらの検査をして『異常』と判断されれば、当然病院での治療が必要となるわけですが
異常がみられなかった場合は、医学的に治すものでないという考えを持っています。


さて、話は元に戻り

薬を何年も飲み続け「いつ ”うつ” が治るのか治らない」と嘆いていたとしても
いざ、お医者さんから「もうあなた、治ったから来なくていいですよ」と言われたとしたら
おそらく「そんなことはない!だってまだ気分が落ち込むから…」と言って
いろいろな症状を ”つくって” お医者さんに訴えるのではないかと思います。

そう。

ある意味
「自分で病気や症状をつくっているところがある」
ように思えるのです。

(治ってしまうと、元の ”苦しい” 生活に戻らなくてはいけない… だから ”ほんとうは” 治りたくない…)


『心の病気』を取り扱うお医者さんであっても
あくまで目に見える身体の異常(”うつ” については脳の異常)を治療するのが本来の役目。

目に見えない身体の異常や、精神的なものについては
自分に合ったセラピスト(カウンセラー、各種療法士、整体師など)を捜し
医学以外の方法でじっくり取り組む方がよい方向に進むように思えます。

というのは、本来、セラピストというのは
その人のもともと持っていた自然治癒力や自己解決力を引き出すのが役目ですからね。


いま現在 ”うつ” で苦しい思いをされているという方も
ほんとうに治したい・治りたいのであれば
(100%医学に頼らず)「自分で治していこう」という気持ちを
ほんの少しでもいいから持っていただく方がいいのかなと思います。

『史上最高の自分プロジェクト』内容詳細説明(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

当方が提供するオリジナルコンテンツの中でも、最も本格的に取り組むコンテンツにあたる
『史上最高の自分プロジェクト』について詳しく説明致します。

【場所・環境】
・プライバシーの保たれる空間を確保して行います。
 (提携先のカウンセリングルーム(名古屋市内)、貸会議室など)
・ヒーリング音楽やアロマなどを使用し、お客様にとって心地よい空間づくりに努めます。

【内容】
・コーチング等に用いられるメソッドをもとに作成したオリジナルのテキストに沿って
 過去の思い出や記憶、いまを取り巻く環境や所有しているもの、将来の夢や目標などを
 一つひとつ、丁寧に書き込んでいきます。
  →可視化することにより、頭の中が整理され、感情も穏やかになります
  →同様に、お客様自身の理想とする姿がイメージしやすくなります
・テキストにない部分においても、ホワイトボードに書き出すことによって
 いまの感情やイメージを可視化させたり、積極的な対話によって
 お客様の心の奥底に眠っている声を引き出していきます。

【料金】
\ 480,000.- (1回約120分、全12回)

【スケジュール、間隔】
お客様の意向を反映します。
((毎月1回、第○週○曜日の○時など)固定した日時・場所でおこなうことをお勧めしております)


  ※本文は第1月曜日の3日後(木曜日)に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

『脱 ”うつ” プロジェクト』内容詳細説明(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

オリジナルコンテンツのひとつ『脱 “うつ” プロジェクト』について説明いたします。

「心の病気」「心の風邪」といった言い方で表される “うつ” は
“うつ状態” を引き起こす症状を薬物投与などによって対処する方法が一般的ですが
施設の整った専門病院での本格的な検査(※)で異常が確認されない限り
必ずしもその対処療法が有効であると言い切れないことが多々あると思います。
(※:光トポグラフィー検査、脳波検査、MRIなど)

本プロジェクトは、そのような状態を『症状』として捉えるわけではなく
あくまで『違和感のある状態』として捉え、その違和感が何なのか、どこからくるのか
その根本を探っていくとともに、その状態から抜け出すための取り組みを
心理学的視点によって行っていきます。
(病院はその『症状』しか診ないことが多いですが、ここではその『人となり』を見ていきます)

ただし、実際にこのプロジェクトを行い、“うつ” から抜け出すためには
なによりも皆様の意思(自分自身に向き合う “覚悟” みたいなもの)が大切になってきますので
それを皆様が了承した上で取り組んでいきたいと考えております。

また “うつ” になった要因のひとつに
社会の中の役割を果たすことで引き起こされる『自我の欠落』があります。
(「上司」「母」といった任務に追われ、本来の自分を見失った状態)

家族から離れ、社会から離れ
自分自身をもう一度見つめ直す(自分自身の「内なる声」に耳を傾ける)機会を意識的につくることで
ゆっくりと、本来の自分を取り戻していくためのサポートをしていきます。

本来の自分を取り戻していけば、おのずと “うつ” は回復していきます。

【内容、料金】
〔Step1〕
1回120分、全6回   \90,000.- (月2回、期間3ヶ月)
〔Step2-①〕
1回120分、全12回 \180,000.- (最初の3ヶ月を月2回、残りの6ヶ月を月1回(計9ヶ月))
〔Step2-②〕
1回120分、全9回 \135,000.- (月1回、期間9ヶ月)

 ※お申し込みいただいてからの1年間を契約/サポートするイメージです。
 ※Step1とStep2(①、②どちらか)両方契約していただくことを前提で考えております。
  (Step1終了後、Step2の①か②をどちらかを選択していただきます)

【場所】
『基本セッション』と同じ
(お申し込みの後、ご希望とされる地域や場所を伺い、決定いたします)


  ※本文は第1月曜日の翌々日(水曜日)に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

『心の定期メンテナンス』内容詳細説明(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

オリジナルコンテンツのひとつ『心の定期メンテナンス』について説明いたします。

明確な問題や悩みがあって日常生活に支障をきたさないにしても
なんとなくしっくりこない、腑に落ちない・・・
もっと自分には、違った生き方があるのではないか・・・
世のため、人のため、果たすべき “役割” があるのではないか・・・

そんな思いをされている方のために、定期的に時間をとって
じっくりと自分の内面を見つめる機会をつくりました。

自動車が2年に一度、定期検査(車検)を行うように
人の心にも定期的にメンテナンスの機会を。

また、単なるメンテナンスにとどまらない
自分の人生を心から全うするための “作戦会議” といった要素も含まれています。

【内容、料金】
・1回60分、6回コース(2ヶ月に1度の割合)      \36,000.- + 交通費4回分
・1回60分、12回コース(1ヶ月に1度の割合)    \72,000.- + 交通費6回分
・1回120分、6回コース(2ヶ月に1度の割合)    \60,000.- + 交通費4回分
・1回120分、12回コース(1ヶ月に1度の割合)  \120,000.- + 交通費6回分
 (交通費:片道距離10kmまで1000円、以降10kmにつき1000円)

 ※お申し込みいただいてからの1年間を契約/サポートするイメージです。

【場所】
『基本セッション』と同じ
(お申し込みの後、ご希望とされる地域や場所を伺い、決定いたします)


  ※本文は第1月曜日の翌日(火曜日)に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

『基本セッション』内容詳細説明(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

当方が提供するサービスのうち、最もスタンダードな『基本セッション』について詳しく説明いたします。
(2018年4月より一部内容を変更しております)

【内容】
・60分、90分、120分の3つのコースに分けています。
 (お客様のお話しされる内容やペースに合わせ、多少前後します)
・当日の気分やお話しの内容によるコース変更(時間延長/短縮)は、こちらから提案しない限り、基本不可といたします。
・5回セッションを受けていただいた方には、6回目のセッションを半額で提供致します。
 (以降、同様に5回のセッション後、次回のセッションを半額提供)

【場所】
お申し込みの後、ご希望とされる地域や場所を伺い、決定いたします。
(街中にあるカフェやホテルラウンジなどで行うことが多いです)
また、お客様のご意向により、プライバシーの保たれる空間を用意することや、ご自宅にお伺いすることも可能です。

【料金】
\ 6,000.- (60分)  + 交通費
\ 8,000.- (90分)  + 交通費
\ 10,000.- (120分)+ 交通費
(交通費:片道距離10kmまで1000円、以降10kmごと1000円)

【複数回おこなうときのスケジュール、間隔】
お客様の意向を反映致します。
((毎月1回、第○週○曜日の○時など)固定した日時・場所でおこなうことをお勧めしております)

【その他注意点】
当方からのコメントや提案、助言を否定し、ひたすら不平不満や悪口、自己主張を述べるのみであったり、ペースを乱すなど、明らかに悪質だと判断できる行為がお客様に見られた場合、次回以降のセッションをお断りする場合があります。


  ※本文は第1月曜日に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

新年のごあいさつ

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

2019年がはじまりました。
新年あけましておめでとうございます。

皆様にとって、この2019年が
心身とも健康で幸多き1年となりますことを
心よりお祈り申し上げます。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

  • Category:その他
  • Author:heartoffice-aoi