ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

童謡『ぞうさん』の歌詞に込められたエピソード〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

きょう11月16日は
詩人 まど・みちおさんの誕生日だそうです。

まどさんには数多くの作品(詩、歌詞、絵画)があるわけですが
最も有名なもののひとつに、童謡『ぞうさん』の歌詞があります。

 ♪ぞうさん ぞうさん おはながながいのね
  そうよ かあさんも ながいのよ

  ぞうさん ぞうさん だれがすきなの
  あのね かあさんが すきなのよ

日本人なら誰もが知っているこの歌詞・・・
ちょっとしたエピソードがあるようです。


それは、この歌詞には『設定』があるようで

「子どものゾウが悪口を言われたときの歌」

なのだそうです。

他の動物から「君は鼻が長いからおかしい」と言われたことに対し
子どものゾウは、しょげたり怒り返したりすることなく、むしろ

「大好きなかあさんも長いのよ」

とほがらかに切り返し、それを誇りにしている。 という歌なのだそうです。


つまりは

「鼻が長い」と言われれば、ふつう「からかわれた」と思うけど
子どものゾウは「おかあさんだってそう」「おかあさん大好き」と言えている

とても素晴らしいことだ――

(『まど・みちお――「ぞうさん」の詩人』(河出書房新社)を引用)


このようなエピソードを聞くと
よりいっそう、じっくりと聴いてみたい感じがしますよね。

みなさんが普段何気なく聴いている音楽の歌詞やメロディーにも
実はこういった心温まるエピソードがあるのかもしれません。
 

眠れぬ夜に〔#3〕 『不安』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ 〔#3〕

『不安(ふあん)』とは・・・
『生きていくための力』である。



〔解釈とヒント〕

「不安で夜も眠れない」ときはありませんか?

私も以前はそういうときがありました。

現在、眠れないほどの不安に襲われることはめったにないですが

「仕事がなくなったらどうしよう」とか
「貯金がなくなったらどうしよう」とか
「近しい人を失ってしまうのではないだろうか」など

常に不安がつきまとっています。


ただ、これらは決して
私の精神状態が不安定だからというわけではないと思います。

程度の差はあれ
同じようなことを思う人が周りにたくさんいるわけですから
“特別な治療” をしなくても
自分にとって “しっくりくる” 捉え方見つかれば
ある程度の納得が可能だと思います。


では、話を元に戻して。

『不安』は、どうしてもネガティブに捉われがちですが
ドイツのマルティン・ハイデガー(1889-1976)という哲学者は

 本来、人は日常の中で
 同じ作業(仕事、家事、子育て、レジャー etc… )を繰り返し
 それが極めて当たり前のように思うわけですが
 “ある出来事” をきっかけに
 本来あるべき存在のあり方(つまり『自己』)が呼び起こされ
 自分と向き合うようになる・・・というもの。

 その “ある出来事” というのが『不安』である。


と、肯定的に捉えて発言しています。

(『不安』の最も究極なものは『死』にあたり
  『死』を意識して初めて自らの『生』に向き合うことができるといえる)


つまり

『不安』であるからこそ、『不安』を感じているからこそ
私たちは『生きていること』を実感できる


ということになります。

(そうでなかったら、ただ漠然にのらりくらりと過ごしているだけになりますよね)


生きている以上、『不安』とつきあっていかなければならないわけだから
それを力に換えてしまおうという考えは、すごく心強いと思いませんか?

『不安』をバネに・・・

眠りから覚めた後、自分なりにまた頑張ってみようと思います。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

社団法人『家族と心の研究所』講演会のご案内(11/23 @名古屋)(再送)

みなさま、いつもありがとうございます。

当方が理事をつとめております
一般社団法人『家族と心の研究所』より、講演会の案内です。


テーマ『私に起きた革命 ~家族への見方が変わるということ~

日時:2018年11月23日(金・祝)
   14:00~16:30(13:30受付開始)

場所:愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF室
   (名古屋地下鉄栄駅 徒歩3分(地下通路直結))

講師:柴田 智世
   (名古屋柳城短期大学 保育科 准教授)

料金:会員2000円 非会員2500円 学生500円
   (いずれも税込)

受付メールアドレス:info@kazoku-cocoro.or.jp


※『家族と心の研究所』のURLもご参照ください。
 http://www.kazoku-cocoro.or.jp/

カウンセリング場所について(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

セッションを行う際の場所ですが、専用のルームを所有していないため、街中にあるカフェやホテルラウンジ、貸会議室などを使って行います。

お問い合わせのメールをいただいた後、セッションを希望される地域や場所を伺いますが、ご希望があれば、さらにプライバシーの保たれる、安心してお話しできる空間をご確保しますのでなんなりとお申し付けください。

(ご自宅への訪問はもちろんのこと、緑いっぱいの公園のベンチ、車でドライブ、海を見ながら… というのも可能ですよ!)

ただし、いずれの場合も片道距離10kmにつき1000円、以降10kmにつき1000円の交通費をいただきますので、ご了承願います。

〔交通費参考〕
\ 1,000.- (名古屋市(名東区、天白区、緑区)、長久手市、みよし市、豊明市)
\ 2,000.- (名古屋市(上記以外)、豊田市、尾張旭市、瀬戸市、春日井市、大府市、刈谷市)
\ 3,000.- (岡崎市) \ 4,000.- (一宮市) \ 5,000.- (豊橋市)
(日進市内は無料)


  ※本文は第2月曜日に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

自分の『素材』を生かす〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

先日、今季初めてとなる鍋料理をしました。

具材を入れるだけで難しい調理をする必要はないし
しかも、素材の味そのままに、栄養もまるまる摂れることもあって
これから春にかけて、大活躍してくれるのは言うまでもなさそうです。

また、鍋料理に限らず
素材そのものを生かす料理は、栄養の面でのメリットだけでなく
余分な加工・味付けなどが省かれると同時に
捨ててしまう部分(ゴミ)も減るという
エコの部分においても効果がありそうです。


と、考えると
食材に限らず、私たち人間も同じことがいえるのかもしれません。

自分という『素材』が何であるか
(『素材』だけでなく、『素質』という部分においても)

そして、自分がどんなことをすると
自分の能力が発揮できると同時に
周りの、そして社会の役に立てるのか・・・

自分の「やりたいことをやる」だけではない
自分だからこそ「できること」や「なすべきこと」


自分という『素材』の活かし方・・・


今度、鍋料理をされるときに
一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

(もちろん、おいしく味わってこそ・・・なのですが)

『史上最高の自分プロジェクト』内容詳細説明(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

当方が提供するサービスのうち、オリジナルコンテンツ『史上最高の自分プロジェクト』について詳しく説明致します。

【場所・環境】
・プライバシーの保たれる空間を確保して行います。
 (提携先のカウンセリングルーム(名古屋市内)、貸会議室など)
・ヒーリング音楽やアロマなどを使用し、お客様にとって心地よい空間づくりに努めます。

【内容】
・コーチング等に用いられるメソッドをもとに作成したオリジナルのテキストに沿って
 過去の思い出や記憶、いまを取り巻く環境や所有しているもの、将来の夢や目標などを
 一つひとつ、丁寧に書き込んでいきます。
  →可視化することにより、頭の中が整理され、感情も穏やかになります
  →同様に、お客様自身の理想とする姿がイメージしやすくなります
・テキストにない部分においても、ホワイトボードに書き出すことによって
 いまの感情やイメージを可視化させたり、積極的な対話によって
 お客様の心の奥底に眠っている声を引き出していきます。

【料金】
\ 480,000.- (1回約120分、全12回)

【スケジュール、間隔】
お客様の意向を反映します。
((毎月1回、第○週○曜日の○時など)固定した日時・場所でおこなうことをお勧めしております)


  ※本文は第1月曜日の3日後(木曜日)に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

『脱 “うつ” プロジェクト』内容詳細説明(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

今年5月より提供を開始した新メニュー『脱 “うつ” プロジェクト』について説明いたします。

「心の病気」「心の風邪」といった言い方で表される “うつ” は
“うつ状態” を引き起こす症状を薬物投与などによって対処する方法が一般的ですが
施設の整った専門病院での本格的な検査(※)で異常が確認されない限り
必ずしもその対処療法が有効であると言い切れないことが多々あると思います。
(※:光トポグラフィー検査、脳波検査、MRIなど)

本プロジェクトは、そのような状態を『症状』として捉えるわけではなく
あくまで『違和感のある状態』として捉え、その違和感が何なのか、どこからくるのか
その根本を探っていくとともに、その状態から抜け出すための取り組みを
心理学的視点によって行っていきます。
(病院はその『症状』しか診ないことが多いですが、ここではその『人となり』を見ていきます)

ただし、実際にこのプロジェクトを行い、“うつ” から抜け出すためには
なによりも皆様の意思(自分自身に向き合う “覚悟” みたいなもの)が大切になってきますので
それを皆様が了承した上で取り組んでいきたいと考えております。

また “うつ” になった要因のひとつに
社会の中の役割を果たすことで引き起こされる『自我の欠落』があります。
(「上司」「母」といった任務に追われ、本来の自分を見失った状態)

家族から離れ、社会から離れ
自分自身をもう一度見つめ直す(自分自身の「内なる声」に耳を傾ける)機会を意識的につくることで
ゆっくりと、本来の自分を取り戻していくためのサポートをしていきます。

本来の自分を取り戻していけば、おのずと “うつ” は回復していきます。

【内容、料金】
〔Step1〕
1回120分、全6回   \90,000.- (月2回、期間3ヶ月)
〔Step2-①〕
1回120分、全12回 \180,000.- (最初の3ヶ月を月2回、残りの6ヶ月を月1回(計9ヶ月))
〔Step2-②〕
1回120分、全9回 \135,000.- (月1回、期間9ヶ月)

 ※お申し込みいただいてからの1年間を契約/サポートするイメージです。
 ※Step1とStep2(①、②どちらか)両方契約していただくことを前提で考えております。
  (Step1終了後、Step2の①か②をどちらかを選択していただきます)

【場所】
『基本セッション』と同じ
(お申し込みの後、ご希望とされる地域や場所を伺い、決定いたします)


  ※本文は、第1月曜日の翌々日(水曜日)に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

『心の定期メンテナンス』内容詳細説明(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

今年4月より提供を開始した新メニュー『心の定期メンテナンス』について説明いたします。

明確な問題や悩みがあって日常生活に支障をきたさないにしても
なんとなくしっくりこない、腑に落ちない・・・
もっと自分には、違った生き方があるのではないか・・・
世のため、人のため、果たすべき “役割” があるのではないか・・・

そんな思いをされている方のために、定期的に時間をとって
じっくりと自分の内面を見つめる機会をつくりました。

自動車が2年に一度、定期検査(車検)を行うように
人の心にも定期的にメンテナンスの機会を。

また、単なるメンテナンスにとどまらない
自分の人生を心から全うするための “作戦会議” といった要素も含まれています。

【内容、料金】
・1回60分、6回コース(2ヶ月に1度の割合)      \36,000.- + 交通費4回分
・1回60分、12回コース(1ヶ月に1度の割合)    \72,000.- + 交通費6回分
・1回120分、6回コース(2ヶ月に1度の割合)    \60,000.- + 交通費4回分
・1回120分、12回コース(1ヶ月に1度の割合)  \120,000.- + 交通費6回分
 (交通費:片道距離10kmまで1000円、以降10kmにつき1000円)

 ※お申し込みいただいてからの1年間を契約/サポートするイメージです。

【場所】
『基本セッション』と同じ
(お申し込みの後、ご希望とされる地域や場所を伺い、決定いたします)


  ※本文は第1月曜日の翌日(火曜日)に定期配信致します


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

『基本セッション』内容詳細説明(月1定期配信)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

当方が提供するサービスのうち、最もスタンダードな『基本セッション』について詳しく説明いたします。
(2018年4月より一部内容を変更しております)

【内容】
・60分、90分、120分の3つのコースに分けています。
 (お客様のお話しされる内容やペースに合わせ、多少前後します)
・当日の気分やお話しの内容によるコース変更(時間延長/短縮)は、こちらから提案しない限り、基本不可といたします。
・5回セッションを受けていただいた方には、6回目のセッションを半額で提供致します。
 (以降、同様に5回のセッション後、次回のセッションを半額提供)

【場所】
お申し込みの後、ご希望とされる地域や場所を伺い、決定いたします。
(街中にあるカフェやホテルラウンジなどで行うことが多いです)
また、お客様のご意向により、プライバシーの保たれる空間を用意することや、ご自宅にお伺いすることも可能です。

【料金】
\ 6,000.- (60分)  + 交通費
\ 8,000.- (90分)  + 交通費
\ 10,000.- (120分)+ 交通費
(交通費:片道距離10kmまで1000円、以降10kmごと1000円)

【複数回おこなうときのスケジュール、間隔】
お客様の意向を反映致します。
((毎月1回、第○週○曜日の○時など)固定した日時・場所でおこなうことをお勧めしております)

【その他注意点】
当方からのコメントや提案、助言を否定し、ひたすら不平不満や悪口、自己主張を述べるのみであったり、ペースを乱すなど、明らかに悪質だと判断できる行為がお客様に見られた場合、次回以降のセッションをお断りする場合があります。


  ※本文は第1月曜日に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

“カウンセリング的関わり” の基本〔Ⅰ〕:『リレーション』とは?(4/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

私たちプロのカウンセラーが提供する『カウンセリング』のみならず
親子関係、夫婦関係、上司と部下との関わり、教師と生徒や保護者等の関わり等
“カウンセリング的関わり” において重要となる『リレーション(※)

(リレーション:心と心のふれあい、気持ちと気持ちのつながりをつくっていくこと)

『リレーション』をつくる3つの要素のうち、最後の3つめを紹介します。
(引用:『新しいカウンセリングの技法』諸富祥彦著 誠信書房)


③ こころのつぶやき(感情の自己開示)

自己開示とは、自分を開くことです。
自己開示には『価値観の自己開示』『事実の自己開示』『感情の自己開示』の3つがありますが
ここで重要なのは、相手の方の話を聴いているときに、自分の中で「ふと浮かんできた思い」を
つぶやくように伝えていくことです。

たとえば

「そうか……それは……やるせない……やってやれない……」

といったようにです。

相手の気持ちに自分を溶かし込むような仕方で、話を聴いているときに
ふと自分の内側が浮かんできた『感じ』『気持ち』『思い』をつぶやくようにして
相手の方に伝えていくのです。

ここで重要なのは、自己開示の際、隠れた主語が「私は……」になっていることです。

隠れた主語が「あなたは……」と二人称になっていると
相手の方は責められたような気持ちになることが少なくありません。
それでは、あなたの真意が伝わりません。

そうではなくて「ほんと……○○ですね」と、隠れた主語を「私は」にして
自分自身の実感をそのまま言葉にぽつりと言葉にしていくのです。


 (※:『リレーション』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/500
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/501
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/502