ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

カウンセリングの最中、カウンセラーが皆様に伝えるメッセージ(3/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

テーマとしてお送りしている『クライエントを勇気づけるためのメッセージ』(下記参照)
本日はその2つめ『ちゃんと守ってあげるよ』のメッセージ の具体例です。

クライエントさんのいままでの行動を認め、ねぎらいを示したあとは
「このままでいいんだ」「ここにいてもいいんだ」「私一人じゃないんだ」といった
クライエントさんの安心感につながるメッセージを送る 必要があります。
(引用:『目からウロコのカウンセリング革命』下園壮太著 日本評論社)

「思ったことを口にしていいんだよ」
「弱音吐いてもいいよ」
「泣いてもいいよ」
「ちっともダメなんかじゃないよ」
「君一人のせいじゃないよ」
「君一人じゃないよ(一緒に戦おう)」
「ぼくが守ってあげるよ」
「ぼくが代わりにやってあげるよ」


など。


勇気づけるためのメッセージ、最後のひとつ・・・
あす紹介します。


 『勇気づけるためのメッセージを伝える』URL
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1352

 (『カウンセラーが皆様に伝えるメッセージ』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1353