ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

『感動』の反対のことば〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

前回のコラムにて、感動することの素晴らしさについて述べたわけですが
(参照URL: http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/694 )
今度は逆に、『感動』の反対について少し考えてみたいと思います。


『感動』の反対・・・
それは『退屈』ということになるかもしれません。

一般的な『退屈』というと
「やることがない」とか「時間を持て余している」状態のことを言いますが
ここでいう『退屈』は
「脳に新鮮な状態が行き届かない」ことだったり
「自らその情報をキャッチすることを拒んでいる」ような状態のことです。

つまり

「どうせこんなもの」
「何をやってもおもしろくない」
「もういい歳だから」

と自分に “ストッパー” をかけてしまうような行動や発言。

( “頭のいい人” って、意外とこういった傾向が強いですよね)

こういった “ストッパー” の積み重ねが
老化だったり、はたまた、うつ病や認知症といった
脳の病気を進ませるような気がしてなりません。

そのため、前回コラムの繰り返しになりますが
日々過ごしていく中で、小さな感動を積み重ねていく。

また、たとえ「小さな感動が難しい」と思う方がいらっしゃっても
ちょっとした工夫で退屈から逃れることができると思います。