ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

3種類の幸せ(1/3)~幸せとは、輪のように巡りくるもの~

みなさま、いつもありがとうございます。

JAF会員に月1回届けられる会報誌『JAF MATE』のコンテンツの中に
『幸せってなんだろう』というエッセイがあり、各界の著名な方が文筆されているわけですが
今回(2020年4月号)文筆された日本文学研究者のロバート・キャンベルさんの内容に
とても共感を覚えたのでそれを紹介したいと思います。

キャンベルさんいわく、『幸せ』について3種類思い浮かべるとのこと。


① 零れ幸い(棚からぼたもち)型の幸せ

予期しないし、与えられるのに十分な努力をしているとは言い切れないが故
それがかえって一瞬のうれしさを倍増させてくれる、いわゆる『棚からぼたもち』型の幸せ。

とはいえ、高いところから甘い固形物がズドンと落ちるというものではなく
“幸せの液粒” がぽたぽたと『零(こぼ)れる』ような幸せ。。。

英語で『零れる( = spill overflow )』といえば
コーヒーや涙など、本来零れてほしくないものが目に浮かび、あまりうれしくないのだが
日本語の『零れる笑み』や『零れ桜』などと聞くと、むしろ一瞬の柔らかな心地よい風情が頭をよぎる。

安い居酒屋に入ったとする。
何気なく注文した酒の肴が意外に美味しいことに気づき、ハッとする・・・

まさに『零れ幸い』


(残りの2つは、あす、あさって書いていきます)