ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

3種類の幸せ(3/3)~幸せとは、輪のように巡りくるもの~

みなさま、いつもありがとうございます。

一昨日よりお送りしているテーマ(※)
日本文学研究者のロバート・キャンベルさんが思い浮かべる3種類の『幸せ』とは・・・
(引用:『JAF MATE(2020年4月号)』内のエッセイ『幸せってなんだろう』)

きょうが最後です。


③ 危機回避後の『安堵型』幸せ

迫る危機を辛くも回避できたときに感じる、①で紹介した『零れ幸い』の逆パターン。

落ちてきそうな不幸の種を上手にかわし、事なきを得たときの状況を言う。

家賃支払いの期日より2日前、たまたまATMに寄って貯金残高を確かめてみると
ほぼ底をついている・・・

まずい。家賃が落ちない。どうしよう。。。と
一晩気をもんで明くる朝に再度愛称番号を打ち込むと、忘れていたバイト代が振り込まれている。

ホッとして吸う空気までおいしく、「ああ、よかった」と。

安堵型の幸せは日本人の長い歴史の中で重要なものとされてきた。

一例は、幕末に福井城下で妻と子と3人でつつましく暮らしていた歌人
橘曙覧(たちばなあけみ)の一首

 たのしみは あき米櫃に米いでき 今一月は よしといふとき (『独楽吟』より)

残高が0(ゼロ)のATM状態から見直して「よし」
「1ヶ月は何とか安泰だぞ」という喜びの表情に満ちた歌である。

憂いは喜びに転じ、しかしまた憂いに戻ってしまうかもしれないという
メビウスの輪にも似た日本人特有の『苦楽感』が表れており
数多くの文学作品にもこの安堵型の幸せが登場する。

 「得体の知れない不吉な塊」に心を圧(おさ)えつけられた私であったが
 果物屋でレモンを握った瞬に不安が弛み、歩きながら「私は街の上で非常に幸福であった」

 (梶井基次郎『檸檬』より)

日本人の幸せは往々にして巡りくるもので
影の深いところから明るい方へと向かっていくのである。


 (※)『3種類の幸せ ~幸せとは、輪のように巡りくるもの~ 』過去掲載分
    http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/793
    http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/794