ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

いまこそ生活に『祈り』を

みなさま、いつもありがとうございます。

得体のしれないものに対する不安
目に見えない不安
いままで体験したことのない不安
生活や命が脅かされる不安
先の見えない不安 etc…

数多くの不安を抱えた状況において、また
自分たちの力ではどうすることもできないような状況において
私たち人類が昔からしてきたことがあります。

それは『祈ること』

歴史を紐解くと、テレビやネットはおろか
電気・ガス・水道… はたまた、通貨や貨幣すらない時代から
(それこそ1000年、2000年以上前から)
人々は生活の中で『祈り』をささげてきました。

『祈り』とは、自分の内なる部分や(神様・仏様といった)“心のよりどころ” に
家族や大切な人、社会や世の中の平穏無事を願うだけでなく
自身の心と体の安寧をはかるためにおこなった行為のひとつです。
(つい100年位前まで、いつ争いごとにまきこまれるか、いつ天候不順で食べるものがなくなって餓死するか、常に『生命の危機』を抱えて過ごしてきた)

争いごとや飢え死にすることもなくなり、生活が圧倒的に便利・快適になった現代において
仕事や人間関係といった日常のストレスは、レジャーや “キラキラしたもの” など
いわば『外部刺激』によって発散・解消していればよかったわけですが
自然災害や今回の新型コロナウイルスの感染拡大等、日常生活さえままならない事態になると
『外部刺激』に頼ることはまったくといっていいほどできなくなってしまい
結局のところ、自分の内なる部分を見つめなおしたり、“心のよりどころ” にお祈りするほかないように思えるのです。
(現実逃避すらできないような現実をちゃんと受け入れ、しっかり腹に落とし込める必要があるというか・・・)

そのため、できるだけ多くの方々が『祈ること』の大切さに気付くことを願うとともに
今回の “有事” がいち早く収束の方向に向かうことを切に祈りたいと思います。