ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

“自粛警察” する人の心にあるもの(3/3)

みなさま、いつもありがとうございます。

前回、 自粛警察してしまう人の(『他人をたたく』も同様)
心のうちにあるものを私なりに書いてみましたが
本日は、脳科学の視点でその理由について書きたいと思います。


なぜ、“自粛警察” してしまうのか・・・
なぜ、他人をたたいてしまうのか・・・
なぜ、他人のうわさ話やちょっとした悪口を言ってしまうのか・・・

このとき、脳内では『ドーパミン』という物質が分泌。

このドーパミンというのは
運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる神経伝達物質で
「気持ちが良い」「心地良い」と感じると出ると言われています。

つまり、それらをすることによって、脳が「気持ちいい」「心地よい」と感じてしまう わけです。
(やる気のもと『アドレナリン』は、この『ドーパミン』から作られる)

よって、(「人の悪口を言うのをやめたい」と考えている人がいたとしても)
なかなかやめられず、ある意味中毒性が高いというのが現状のようです。


ちなみに、このドーパミン・・・

何も他人をたたいたり、悪口を言うことなく出す方法が当然あるわけですが
(あたりまえですよね)
その方法を端的に書くと

・何かするときに、自分自身に報酬(ごほうび)を用意する
・音楽を聴きながら作業を行う
・普段からドーパミン生成に必要な栄養素(タンパク質)を摂取する
・瞑想を行う/呼吸を整える


など。

それほど難しいことをしなくても、ドーパミンは出てくれそうですね(笑)


さて、この自粛警察を呼び起こした今回の “有事” も
『39道府県の休業要請緩和(うち21県は全面解除)』が発表された等
終焉の方向に向かっているようです。

今回の有事によって経験したこと、感じた思いや教訓を胸に
皆様がステキな日常生活を過ごさせることを、心より願っております。


 (『 “自粛警察” する人の心にあるもの』過去掲載分)
 http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/826
 http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/827