ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

日常のできごと・つぶやき

画面上で気軽に “会える” 世の中けど・・・

みなさま、いつもありがとうございます。

きょう、私が以前勤めていた会社で
公私仲良くしていた同僚と、約5年ぶりに会って一緒にコーヒーを飲みました。

お互い、変わらず
約5年も会ってなかったのがウソのようで
1時間ほどの短い時間ではありましたが
当時の話、今の話で大いに花を咲かせました。


いまの世の中、Zoom、Skypeなどのオンラインで
いつでも、どこでも、気軽に人に “会える” 世の中になったわけですが、所詮は画面越し。
視覚(しかも2次元)と聴覚のみでしかお互い共有することができません。

その点、実際に会って話をするのは
さきほど書いた2つの感覚以外にも
同じ食事をすることで感じる嗅覚や味覚
同じ空間にいることによる、また、スキンシップや物を手に取ることによって感じる触覚など
五感すべてを共有することができます。


地域にもよるわけですが、2度目の緊急事態宣言が発令。
再び、不要不急の外出を控えることが余儀なくされるようになってしまいました。

いつかはやく、気軽にみなさんの大切な人に会えるときがくるといいですね。。

2つの『いきぬく』

みなさま、いつもありがとうございます。

2021年も1週間ほど過ぎ・・・

新年の抱負であったり、今年の目標なるものを掲げる方も多いわけですが
そういう私も、漠然とではありますが、今年の目標を掲げてみました。
(いままで目標を掲げたことなんてなかったかも)


目標。。。

シンプルに『いきぬく』こと。


まず1つ目の『いきぬく』は『生き抜く』

世の中の状況がどうであれ
愛する人がいるいる限り
自分を必要としてくれる人がいる限り
そしてまた、自分のこの世でのや役割を果たすため
真摯に・誠実に・正直に・ありのままに
『生き抜こう』と。


そして、もうひとつの『いきぬく』が『息抜く』

社会の情報や身の回りの出来事をネガティブに捉え
ガッカリしたり、身動きが取れなくなってしまったり
また、頑張りすぎたり、過去の自分や人と比較して負けまいと
すこし意固地になっている自分にふと気づいたとき
フゥーと『息抜こう』と。


なにもこれは、今年に限らず
この先ずっと、その繰り返しなのかも。


みなさまは何を目標にこの1年を過ごしていきますか?

具体的な数字や目標を掲げなくても、とにかく、この1年を『いきぬき』ましょう。

(芸能人だけでなく)一般人も歯が命

みなさま、いつもありがとうございます。

毎年6月と12月に歯の定期健診に行っている私。

先日、半年ぶりに歯の定期健診のため歯医者に行ったわけですが
案の定(?)ちいさな虫歯がちらほら・・・

確かに、嫌な予感はしてたんですよねぇ~

日常マスクをしているためか
口を動かすことが少なくなり、(唾液がうまく循環せず)口の中が掃除されないというか。。

そういった意味では、以前チラッと書いた “仮説”
『マスクをすると『虫歯』になる・・・?』の説はあながち間違ってはいないかも。
(参照URL : http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/853 )


数年前(いや、十数年前が正しいか)
「芸能人は歯が命」なんてコマーシャルがありましたが
いやいや、芸能人だけでなく、「一般人も歯が命」

歯周病菌はあらゆる病気の元凶になっているとも言われてますからね。

みなさまもどうか、歯の定期検診を忘れずに。

冬、セーターを着るのがうれしい毎日

みなさま、いつもありがとうございます。

今年もあと残すところ半月あまり・・・
寒さも少しずつ厳しさを増しているわけですが
(きのう、きょうなんて特に寒いですよね…雪もちらほら)
その寒さに関し、私がすこし “ごきげん” に感じる瞬間があります。

それは、その日どんなセーターを着ようか選んでいるとき。

いろいろな色・柄のセーターを持っているわけですが
どのセーターも、買うときにちゃんと試着し、納得したうえで購入したものだし
当然、着ていくうちに愛着も出てくるわけで。

確かに、外は寒いわけですが
それらのセーターを着ると、ただ単に体温を逃がさず、暖かいままでいるだけでなく
心までも温かく・ほっこりさせてくれるというか。。。

街の中、大きな公園、ショッピングモール・・・

この冬は、いつもよりちょっと多めに歩いてみようと思います。

最近特に、妙に落ち着く場所

みなさま、いつもありがとうございます。

私が勝手に感じていることのひとつに
(なぜそう感じるようになったのかは自分でもよく分かっていませんが)
冬は夏よりもゆったり時間が流れている気がする・・・というのがあります。

この師走もしかり。

ニュースや周りの人たちの忙しさ具合から慌ただしさを感じつつも
社会の動きと自分が普段感じている意識・感覚との間に距離感があるというか
ちょっと遠目でみているところがあるというか。。。


そんな中、つい、私が行ってしまう場所があります。

それは、本屋。

昼でも、夜でも。

本棚に並んでいる本を眺め、気になった本をパラパラ立ち読みしつつ
なんとなく自分がどうありたいか空想しているだけで、妙に落ち着くのです。

やはり本には、これから自分が日々どう過ごしていけばいいか、大きなヒントが隠されているんですよね。

また本屋に行ったあと、何かしら行動したくなる衝動にもかられるので。
(ちなみに、本屋に行った後によくするのが、家の整理整頓・・・身も心も整えるにもってこい)


まぁ、本屋にしてみれば
「寄るだけでなく、たまには買ってくださいね」という話でもあるんですけどね(笑)

『エール』ロス

みなさま、いつもありがとうございます。

NHK朝の連続テレビ小説『エール』の放送が終わりました。

今回の作品は、コロナ禍の影響で撮影が一時中断され
(それにともない、放送が一時中断、またストーリーも10話分短縮されるなど)
何かと大変な事態となってしまったわけですが
心と記憶に残る、とても素晴らしいドラマだったと感じています。

(出演された皆様はじめ、演出家・スタッフ・関係者の方々、改めて感謝申し上げたいと思います)


実のところ、このドラマにすこし思い入れもあったんですよね。

というのは、ドラマの舞台になったのは
夫・古山裕一の出身地である福島と、妻・古山(旧姓関内)音の出身地である豊橋。

そう。私自身、育った故郷が豊橋ということもあり。


思えば、2年半ほど前になるでしょうか。
高校の同窓会にて、この物語(作曲家・古関裕而さんと妻・金子さんとの物語)を
朝の連続テレビ小説として放送していただくように(同時に、豊橋をロケに呼び込もうと)
NHKに提出するための著名活動があり、サインをしたのを思い出しました。

それがこんないい “結果” になるなんて。。


ドラマの終わり方が、いままでにない終わり方となっていましたが
(出演者の皆様による、古関裕而さん作曲の歌メドレー)
やっぱり、『音楽の力』って、すごいですよね。

しばらくのあいだ、“『エール』ロス” に陥りそうです。。。

今年替えたもの

みなさま、いつもありがとうございます。

物持ちがいいと自負している私。

とはいえ、使ってくるうちにどうしても『寿命』がきてしまうので
今年、替えたものがいくつかあります。

ひとつ目、約17年もの間、運転してきた自動車。
ふたつ目、約20年もの間、使ってきた冷蔵庫。
(実はまだ使えるんですけど、生活スタイルの変化のためやむなく手放すことに)
みっつ目、約8年、毎日のようにフル稼働させたパソコン。。。

そして最後の4つ目に挙げるのが
これもまた約20年という、長い期間使い続けた傘。

先日の雨で傘をさした際、見事に骨が折れました。

使用頻度にもよるわけですが、1本の傘だけで、約20年。

よくがんばりました!
傘も。そして使い続けたこの私も。

そろそろ、再開・・・?

みなさま、いつもありがとうございます。

ここ3ヶ月あまり『新着情報』で定期的に書いていたテーマ
『自己肯定感を育むためのヒント』や『日常のできごと・つぶやき』の発信を控えておりました
(と、申しますか、書くのが滞っておりました)

理由は、単純。

自分のパソコンが壊れてしまったため。

すぐに買い換えればいいものの
素人ながらに、ハードディスクの修復を試みたり
買っていろいろと設定し直すときのことを考えると、つい、めんどくさくなって
買いに行こうとする気持ちが小さくなってしまったり
結果、「パソコンなくても生活できる」とある意味、開き直ったり・・・

そんな、自分の心の中の “すったもんだ” の結果
新しくぱパソコンを購入したため、また、いろいろと書いていきたいと思います。

少しでもみなさまのお役に立てられたら。

もちろん、書くことで
(自分の日頃思っていることや感じていることをアウトプットすることで)
自分自身に言い聞かせることができますしね。

最近になって “解禁” したこと

みなさま、いつもありがとうございます。

現在の世の中、『コロナ禍』が落ち着くどころか
ますます拡大の一途をたどっているような感がありますが
(重症患者数が減っているようなので、それをどう捉えるかという部分はありますが)
最近になって、私が “解禁” したことがあります。

それはずばり
・カラオケに行くこと
・図書館に行って本を借りること
・カフェのモーニング
の3つ。

まぁ、いずれも “しれたこと” ですし、むしろ(解禁したのが)遅いくらい・・・

ただ、「我慢していた」というより
「(そこまでして)行きたい」という気持ちにならなかったことの方が
自分の気持ちとしてはすこし大きかったでしょうか。

そう。

キーワードは「そこまでして」

「そこまでして○○したいのか・・・」この思いを自分なりに突き止めていくことで
余計な『欲』がなくなり、欲が満たされないことによるストレスも少なくなるような気がします。

応援の力

みなさま、いつもありがとうございます。

6月19日、通常より3か月弱遅れて開幕したプロ野球ですが
きょうから今シーズン初めて、観客を入れての試合が始まりました。

感染対策をしたうえ、観客の人数も5000人まで。
鳴り物(トランペットなど)、声出しの応援も禁止。。。


その様子をテレビで観ていたのですが。
なかなか、どうして。

大リーグっぽい感じというか。

ピッチャーがバッターに投げている間は、固唾をのんで見守っている様子で
バッターが打って、出塁したり、アウトにしたりすることで
各々応援するチームの手拍子の音が大きくなるという・・・

すごく新鮮な感じたしたのと同時に、『応援の力』って大切だと改めて感じることができました。


プロ野球チームの応援に限らず
自分たちも、何かしらの『チーム』に属していることが多いわけですが
その『チーム』に属しているそれぞれのメンバーにも、お互いに応援を送れるような
そんな『チーム』が社会全体の中に広がるとステキですよね。