ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

2019年02月27日

「自分を知る」ための問い〔♯38〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔#38〕

もし、あなたがプロ野球のひいきのチームの監督だったとしたら
どのようなメンバーを選び、どのような試合運びをしますか?



~答えを導き出すヒント~

今月1日にプロ野球がキャンプイン。
早くも先週末から沖縄でオープン戦が始まりました。

プロ野球ファンにとって、自分がもし、ひいきのチームの監督だったとしたら
どのような選手(スターティングメンバー、一軍メンバー)を選び
どのような試合運びをするか考えるのは、とてもワクワクすることなので
今回あえて取り上げなくても、居酒屋などで野球好きな人が集まって
すでにその話で花を咲かせていることと思います。

そのため、(プロ野球ファンの方からしてみれば)とても楽しい問いとして
そのまま終わってしまうところですが、実はもうひとつ ”隠された” 問いがあり

もし、自分がいま勤めている会社の社長(役員、管理職)だったとしたら
周りの人にどのように仕事をしてもらいますか?


となると、皆様はどのように考えるでしょうか。


仕事で発生するストレスのひとつに
自分の属するチームの人間関係だったり、仕事に対する能力の不一致だったり
自分が「こうしたい」と思っていても、上司の判断を仰がなければいけない
(もしくは、上司が思うように動いてくれない)
というのがあると思います。

少し言い換えれば
「自分はそんな立場(社長や役員、管理職)にないから」といって
半ば ”あきらめた状態で” 一担当としての業務を淡々とこなすよりは
会社の上の立場の視点に立って仕事をした方が
自分の意見や考えていること、行動がより明確になり
いまよりも積極的に仕事ができるようになる気がします。
(チームワークもよくなる気がしますよね)

プロ野球チームの試合を見るとき、つい、自分が ”監督” になってしまうように
自分が会社の上の立場だったら、周りの人がどう動いてくれるとうれしいのか
(そうなるためには、まず自分がどう動かなければいけないのか)
少し考えてみるのもいいかもしれませんね。