ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

2019年5月1日

手に取った物に温もりを伝える〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

朝起きてから夜寝るまでの日常生活において
私たちはどれくらいの ”物” を手に取っているでしょうか?

例えば、朝起きたときの
ふとんや着替える服、光を部屋に取り込むために開くカーテン など

朝ご飯を食べるときの
箸やお椀、目玉焼きにふりかけための塩が入った容器 など
(料理を作る人は、食材や調理器具など)

身支度を整えるときの
歯ブラシや歯磨き粉、櫛やひげそり、化粧品といったもの など

その他
外に出かけるとき、仕事をしているとき
休憩しているとき、家事や子育てをしているとき・・・

とても多くの物を手に取っていることに気が付くと思います。


当然、必要があって(目的を果たすために)
それらの物を手に取っているわけですから
何も考えず、ぶっきらぼうに手に取るよりは
丁寧に、愛情をもって使うことができたらいいですよね。


自分の体温というか、温もりみたいなものが
手に取ったその物に伝わるように。

物を大切にするということは
自分自身を大切にすることに似ていると思います。