ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

2020年01月

「自分を知る」ための問い〔♯49〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯49〕

最近大笑いした出来事は何ですか?


~答えを導き出すヒント~

2020年も1ヶ月近くが過ぎました。

年が明けたころ、よく『初○○』という言葉を耳にするわけですが
その中のひとつに『初笑い』という言葉があります。
(一昔前までは、新聞のテレビ欄にその言葉が随所に見られましたよね)

そんな『笑い』を今回の質問のテーマに。

残念ながら大人になると、1日の中で『笑う』という行為自体
実はあまりしていないのかもしれません。

そのため「大笑いした出来事を思い出せ」と言われても
何年前の話になるか、下手をすれば、何十年前の話になる・・・なんてことも。

とはいえ『笑う』という行為には、免疫力が上がって病気になりにくくなったり
周りの人を幸せな気持ちにするなど、たくさんのメリットがあるわけなので
思わず「クスッ」となった、「ニヤリ」としてしまった
そんな『笑い』のエピソードでもいいかもしれません。

また、笑ったことを思い出せないのであれば
普段から意識して『笑顔をつくる』ことから始めてみる必要があるかもしれませんね。

このほかにも、自分が誰といるときに笑顔でいられるか・・・
できることなら、愚痴や怒りを共有する相手より
笑顔を共有する相手といる時間を増やす工夫や努力をする必要があるように思えます。

おすすめのカフェ

みなさま、いつもありがとうございます。

おすすめのカフェの紹介です。

『yahito coffee』 (豊橋市牛川通)

私の故郷愛知県豊橋市。

市の東西を貫く『市電通り』の東田坂上交差点から北へ約2km。
地元小学校の春の遠足の定番、牛川遊歩公園(地元では「1km公園」と呼びます)の近くにある
yahito coffee(ヤヒトコーヒー)。

全部で12席ほどの小さいスペースではありますが、内装は抜群におしゃれで
入口横、大きな窓のカウンター席から眺める庭は、四季折々の表情をのぞかせてくれます。

コーヒーがおいしいのは言うまでもないのですが
ちょっとおすすめなのがコーヒーゼリー〔夏季限定〕。

(上から)ほろ苦いコーヒー、ほんのり甘いカフェオレ、ミルクの3層のゼリーの上に
アイスクリームが乗っており、見た目もかわいく鮮やかで
ついついSNSにあげたくなるような気持ちにさせてくれます。

また、自家焙煎されたコーヒー豆の店頭・ネット・卸売販売の他
ハンドドリップでいれたコーヒーのテイクアウトもされているので
カフェの席が埋まっていたとしても yahito coffee のおいしいコーヒーを楽しむことができます。

 ・・・先週末私も伺いましたが、すぐに席が埋まってしまうので
    早めの時間に行かれるといいと思います

何気ない午後のひととき
豊橋名物『豊橋カレーうどん』をいただいた後は、ぜひ、この yahito coffee で
おいしいコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか。

(ちょっと強引だったかな (笑) )


 ※『yahito coffee』HP = https://www.yahitocoffee.com/

  • Category:その他
  • Author:heartoffice-aoi

悩みはどのようにして解消されるのか

みなさま、いつもありがとうございます。

悩みはどのようにして解消されるのか、思いつくものを下記に挙げてみました。
(参考文献:『目からウロコのカウンセリング革命』 下園壮太著 日本評論社)

悩みの質や大きさ、また人によって何かしらの傾向があるのかもしれませんし
ご自身が過去経験した問題や悩みがどのようにして解消されたのか振り返ることで
・解決に向け、真摯に取り組んでいく必要があるのか(消していくのか)
・意識や考え方を変えることですむ話なのか(消えていくのか)
自分なりに(問題、悩みの)対処の仕方が見えてくるかもしれません。

〔対処〕
・問題が解決したとき         ・(相談するなどして)問題解決の糸口が見えとき

〔補助、共有〕
・誰かが助けてくれると感じたとき   ・人に理解してもらえたとき
・許してもらえると感じたとき     ・自分だけでの責任ではないことが分かったとき
・適切なアドバイスをもらえたとき   ・みんなも同じ悩みを持っていることが分かったとき

〔心の変化〕
・気分や考え方が分かったとき     ・どうでもいいと思えたとき
・なんとかなるさと感じたとき     ・自分に自信がもてたとき

〔意識の縮小、消滅〕
・時間がたったとき             ・つらい状況に慣れてきたとき
・もっとつらい状況が起こったとき      ・問題の原因が明らかになったとき
・何かに集中して忘れてしまっているうちに  ・恋愛などの楽しい時間をすごしているうちに
・問題だと思っていたことが実は問題でなかったとき   など

悩んでいる人に見られる行動や思考パターン

みなさま、いつもありがとうございます。

前回、自分自身が問題や悩みを抱えてしまった時に
どういった行動や思考パターンに陥るのかを書きましたが(※)
今回は、悩みやストレスを抱えた人が、周りの人に対してどのような行動をとったり
どのような思考パターンがあるのか少しまとめてみました。
(参考文献:『目からウロコのカウンセリング革命』 下園壮太著 日本評論社)

みなさんの身近な人で、最近、下記のような傾向が見られる人はいませんか?

「最近どう?」「たまにはコーヒーでも飲みに行かない?」
ちょっとした声掛けが、その人にとってみたら実は涙が出るほどうれしいことなのかもしれません。

〔悩んでいる人に見られる行動や思考パターン〕
・独り言やため息が多い           ・目を合わせようとしない
・感情の起伏が激しい            ・無表情
・人目を避ける、周りの会話から遠ざかる   ・以前応じていた誘いや依頼を断るようになる
・生返事が多い、人の意見を聞き入れない   ・言い訳がましい
・攻撃的になる               ・被害妄想が激しい
・人のせいにする              ・ちょっとしたことで涙を流す
・元気にみせている             ・前向きな言葉を多用する
・充実しているようにみせている       ・何か抱え込んでいるようにみえる/みせている
・何か含みを持たせた言い回しをする     ・思わせぶりな態度にでる        
・自己卑下する言葉を口にする        ・何か悟ったようなことを口にする
・SNSの投稿内容が変わる          ・SNSの投稿回数が極端に増える
・わざと士気が下がるような言葉を口にしたり、嫌われようとしているようにみせる  など


 (※:『自分自身が悩んでいるときの行動や思考パターン』参照URL)
  http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/756

自分自身が悩んでいるときの行動や思考パターン

みなさま、いつもありがとうございます。

悩みや問題を抱えているとき、人はどのような行動をとったり
どのような思考パターンがあるのか少しまとめてみました。
(参考文献:『目からウロコのカウンセリング革命』 下園壮太著 日本評論社)

悩みや問題を抱えているときはどうしても視野が狭くなりがちになりますが
そのようなとき、自分にどんな行動や思考パターンがあるのか気付くだけでも
以前の自分に比べ、一歩成長できているのかもしれません。

自分を客観的に見ることができているわけですからね。

〔自分自身が悩んでいるときの行動や思考パターン〕
・無口になる             ・人と関わりたくなくなる
・ひきこもる、独りになりたがる    ・アドバイスがうっとうしく感じる
・嫉妬深くなる            ・言い訳しようとする
・人や社会のせいにしようとする    ・体調は普通なのに元気がない
・溜息が出るようになる        ・胃が痛くなる
・食欲がない/過食ぎみになる     ・(酒、たばこなどを)止められない
・夜眠れない/昼間ものすごく眠たい  ・感情の起伏が激しい
・投げやり、やる気がなくなる     ・暴力的、攻撃的になる
・じっとしていられない        ・変に落ち着きすぎている
・涙もろくなる            ・うまくいかないことや悪いことばかり考える
・できないのに仕事が欲しい      ・「人の役に立ちたい」という気持ちが過剰になる
・思わせぶりな態度をとろうとする   ・表現や言い回しが過剰になる
・すべてのことが嫌になる       ・あることが頭から離れられない
・物思いにふける           ・「昔はよかった」と強く思う
・自分と同等 もしくは 弱い立場の人の共感や承認を得ようとする
・些細なことで人生に対する絶望や『死』『終わり』といったものを意識する  など

問題や悩みが発生したとき、人はどのような行動をとるか

みなさま、いつもありがとうございます。

何かしらの問題や悩みが発生したとき、人はどのような行動をとるか下記に挙げてみました。
(参考文献:『目からウロコのカウンセリング革命』 下園壮太著 日本評論社)

問題の大きさや質、また、解決すべきかそうでないかによって行動も変わってくるわけですが
将来、今よりもっと大きなストレスや悩みとなって日常生活に支障がきたさぬよう
意識し過ぎず、また、放置し過ぎず、そのバランスがとても大切になってくると思います。

〔問題に立ち向かう〕
・問題についてより深く考える      ・解決策を考える
・人、本、ネットなどから情報を集める  ・相談する、カウンセリングを受ける   
・とにかく行動する           ・同じ問題を抱えている人や団体に属する

〔別のことをする〕
・歩く、運動をする           ・買い物をする
・おいしいものを食べる、お酒を飲む   ・本を読む、映画を観る
・旅行に行く、ドライブをする      ・音楽を聴く、楽器を奏でる
・座禅をくむ、ヨガをする        ・髪を切る、エステに行く、マッサージを受ける
・ゲーム、ギャンブルをする       ・カラオケやコンサートに行く、踊り明かす
・友だちと会う             ・お世話になった人や懐かしい人に会いに行く
・いつもはしない行動をする       ・ひきこもる、人を避ける
・思いっきり泣く            ・ヒトやモノにあたる
・昔の思い出に浸る、アルバムを見る   ・異性と付き合う    など

17年間共にした相棒のこと

みなさま、いつもありがとうございます。

私には、17年間共にした “相棒” がいるのですが
来月、やむを得ずその相棒を手放すことにしました。

その相棒とは、自動車のこと。

2003年2月にその車を買い、走ること178000kmあまり・・・

一昨年あたりから悲鳴を上げだし
駆動部や足回りの部品交換をしつつ、運転を続けておりますが
次の車検を通すのはちょっと厳しそうということで、手放すことになりました。

でも、日本のものづくりの技術力の高さも当然ですが
ものに対して丁寧に扱うことを心がければ、それだけ応えてくれるような
そんな気にさせてくれる見事な相棒でした。

その相棒とも、今月中でお別れ。

あとちょっと、今まで以上に感謝して運転しようと思います。

『こころのケア:統合医療セミナー』ご案内(2020/3/1 @名古屋)

みなさま、いつもありがとうございます。

当方が企画・設立に携わった一般社団法人『家族と心の研究所』と提携関係にある
統合医療『クリニック徳』の高橋徳先生主催によるセミナー
『第7回こころのケア:統合医療セミナー』が開催されます。

「統合医療」とは、西洋医学と東洋医学の長所を取り入れ、お互いの短所を補い合う医療のことです。

「こころのケア:統合医療セミナー」では、医師・カウンセラー・ヨーガ療法士・気功療法師、鍼灸師などが協力して、メンタルケアに当たります。
この国の心の病いの臨床を変革していくための、新しい試みです。

薬物治療のみに依存してしまっている現在の医療に不安を感じている方に、ご参加いただければと思っています。
また、みなさん一人ひとりが医師や薬頼みにせず、セルフケアの意識を持ち、薬漬け医療から脱却していただければと願っています。
スタッフが個々の方々に密接に向かい合うため、少人数制(定員10名)とさせていただきました。
定員になり次第、申し込み受付けを終了させて頂きます。


    ~ 記 ~

日時:2020年3月1日(日)
   10時~12時 座学・うつ病患者の体験談・気功
   13時~18時 ヨーガセラピー・マインドフルネス瞑想
           腹式呼吸・運動・散歩・フォローアップ
           セルフケアの指導/カウンセリング/鍼治療(希望者)
   18時~20時 懇親会(希望者)

場所:クリニック徳 http://clinic-toku.com/
   (名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル11階)
   (地下鉄伏見駅5番出口徒歩5分)

定員:10名

料金:8500円(税込)

お問い合わせ・申し込み:クリニック徳
            Tel 052-221-8881
            fax 052-221-8882
            kokoro.american@gmail.com
            https://forms.gle/K5dREaNprjLHctNN8

眠れぬ夜に〔♯17〕『服を選ぶ』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯17〕

『服を選ぶ(ふくをえらぶ)』とは・・・
『なるべき自分を選ぶこと』である。



〔解釈とヒント〕

私自身苦手なものに『洋服選び』があります。

お店で服を買うとき、自分がどんな服を着たいのか分からず
何回も試着を繰り返し、ものすごく悩むのは言うまでもなく
きょう1日どんな服を着るかということさえ困ることがあります。


ちなみに、おしゃれを上手に楽しめる人は
その日のTPOに合わせて服を選ぶことができますし
まったく無頓着な人はいつも同じような服ばかり着ているわけですが
その人を構成する要素のひとつに、また、その人を印象付けるものとして
服が重要な位置を示すことに無視できないところがあると思います。

というのは、服装は第一印象を決めるだけでなく、その人のキャラクターにもなるからです。
(いつも決まった格好で出てくる芸能人などは、その典型といってもいいでしょう)

つまり、服装はその人の『人格』の一部。

ダークスーツを着ている人はカチッとした性格を
派手な色のシャツを着ている人は外交的な性格を表現しているのです。

また、その日の仕事に合わせて服装を変えるということは
その日の自分の態度や方針を服装から表現することになるのです。

いくら真剣な雰囲気を出したくても
顔を簡単に変えることはできないですよね。

表情、髪型、メークを変えることに限界があるわけですが
その点、服装であればいとも簡単かつ大胆に印象を変えることができるのです。

このほかにも、『勝負服』なんて言葉があるように
服を選ぶということは、その日自分が戦う相手や獲物に合わせて
武器を選ぶことに等しいということが言えるかもしれません。


また(少し大それた話になってしまうかもですが)
『生きる』ということは、何らかの意味で勝負すると言えるので
私たちは毎日勝負するために服を選んでいるという言い方もできます。

いわば、その日なるべき自分を選んでいる のです。

つまり『なりたい自分』は、服装を選ぶことによって得られる わけです。

 ・・・ちなみに、裁判官が黒い服を着ているのは
    「何ものにも染まらない」という意味を含んでいるそうです。


少し逆の見方をすると
服装で自分をコントロールするということが言えるかもしれませんね。

イライラするときは落ち着いた色やデザインの服を着てみたり
落ち込んでいるときは明るい色や遊び心のあるデザインの服を着てみたり・・・


これから服を選ぶとき、そういったことを意識して選ぶようになると
少し自分に自信がもてるようになるかもしれません。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

5年目突入!

みなさま、いつもありがとうございます。

2016年1月10日に、この『ハートオフィス・あおい』を設立。
きょうで4周年を迎えることになりました。

特にお祝いするわけでもなく、普段通り過ごし
ふと、なぜこの日に設立したのか振り返ってみたわけですが
その日。その年最初の『満月』だったことが大きな決め手となりました。

かくいう今日はというと・・・
設立した日と同じ、見事な『満月』が夜空を照らしているではありませんか(感動)

あしたから5年目突入!

気持ちも新たに、またがんばれたらいいなと
お月様を見ながら少し姿勢を正してみるきょうの私でありました。