ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

2020年3月11日

カウンセリングに対する不安や恐怖

みなさま、いつもありがとうございます。

『カウンセリング』というものがかなり一般的になった世の中ですが
その言葉からくるイメージや “思い込み” などによって、不安や恐怖を抱く方も多いようです。

きょうはその中から、一般的に抱きやすいとされる不安や恐怖を下記に挙げてみました。

皆様の抱えている問題や悩みに対し、丁寧に耳にを傾けるだけでなく
カウンセリングそのものに対する不安や恐怖を取り除くこと、そして
カウンセリングに対する『誤解』をなくすことも、我々の大事な仕事のひとつと感じています。

〔カウンセリングに対する不安や恐怖〕
・こんなことを言うのが恥ずかしい   ・内容を理解してもらえない
・うまくしゃべれない         ・バカにされそう
・弱いと思われる           ・嘘を言っていると思われる
・第三者に知れ渡る、噂話にされる   ・人間関係が崩れるかもと考えてしまう
・人事評価などが悪くなる       ・相談することで自分がどうかなってしまうのではないか
・「甘えるな」と怒られそう      ・「精神科で診てもらったら」と言われそう
・「忙しいから」と断られそう     ・「○○に比べたらマシだ」と取り扱ってもらえない


こういった不安や恐怖がある一方で
「このままでは〔いけない/苦しい〕」「なんとかして今の状況を変えたい」と感じて
カウンセリングを受けようと思ったわけですから
その気持ちを抱いた自分自身を “信じる” ところから始めてみてはいかがでしょうか。

・「こんな自分でもいいじゃないか」と思えるようになること(自己受容)
・自分のことを認めたり、信じることができるようになること(自己肯定)
・将来に向かって何かしらの希望や目標を持てるようになること(自己実現)

私のカウンセリングは、この3つのステップを踏むことによって
皆様のかけがえのない人生をサポートしていきたいと考えております。