ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

2021年04月

『ワクワク』の見つけ方(その2)〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

昨日の続き。『ワクワク』の見つけ方のコツです。
(前回URL : http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1022 )

作家・スピリチュアルコーチである
はづき虹映さんのブログを一部引用・抜粋し
ここに紹介させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(スピリチュアル)業界的には、ワクワク生きることを推奨していますが
そもそもワクワクとは「探して見つける」ものではないように思います。

「ワクワク」とはその言葉通り、
「湧く湧く」です。

内側から、フツフツと湧き上がって来るものが「ワクワク」であり
外側から何か持ってくるとか、探して見つけるとか
「ねばならない」と焦ってトライするというようなものではないと思います。

それより今、目の前にあるコトの中で
「ワクワクの種」を見つけることにエネルギーを注ぐよう、おススメします。


今目の前にあるコトは、今のあなたに必要だから
目の前にやって来ているのです。

そして、その中に必ず「ワクワクの種」も隠れています。

今目の前にあるコトの中で、何がワクワクするのか?

どうすれば、もっとワクワクできるのかを考えて
工夫してみることのほうが大切なようです。


今、特にワクワクすることが見つからないのであれば
今はその時期ではない・・・ということだと思います。

なので、そこで人と比べたり、焦らないこと。

それより、毎日の生活の中で
ワクワクできること、ワクワクの瞬間を増やしていくことを心がけましょう。

いままで以上にワクワクすることを意識して生きていると
さらなるワクワクが向こうから、勝手にやって来ますから~。


それは頼まれごとかもしれませし
自分で「これだ!」と気づくかもしれません。

いづれにしても、内側からワクワクが
湧き上がって来るまで、自分自身をワクワクの
エネルギーで満たしてやることが大切です。


とにかく今、目の前のあるコトに
どれだけワクワクできるかです。

「嫌いじゃない」をどうやって、より好きになるか
より面白がれるかが、ポイントです。

それがワクワクの種を育てて
さらなるワクワクを引き寄せるコツ。

「やめなさい」と言われても、
気がつけば、勝手にやってしまっている。

それが本当のワクワクです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私自身、かなり「なるほど」と感じる内容でした。

 日常生活の中で、大きな苦痛や不満はないけれど
 確かに、ワクワク感は(全くといっていいほど)なかった・・・


はづきさんのアドバイスを胸に、私も何かしらワクワクを意識して
日々過ごしていきたいと思います。

『ワクワク』の見つけ方(その1)〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

特にスピリチュアルな世界を中心に
いまのこの時代、『風の時代』と言われることが多いようです。
(『土の時代』から『風の時代』への変化)

今後、自身の人生を輝かせるには
いままで以上に(それこそ風に身を任せるように)軽やかに、物事や従来の考え方に固執せず
ピンときたもの、ワクワクするものを大切して生きていく必要があると言えそうです。
(「思いたったら即行動!」みたいな)


とはいえ、日常生活の中で『ワクワク』というのが、意外と難しい・・・

 日常生活において特にこれといった苦痛はなく(少なく)
 ある程度いまの生活には満足できているけど
 ワクワクしたものがあるわけではない・・・


そのように感じている人もきっと多いのではないでしょうか?


その『ワクワク』の “見つけ方”・・・

私がほぼ毎日といっていいほど拝見している
はづき虹映さん(作家・スピリチュアルコーチ)のブログの中に
そのヒントが隠されていましたので、明日、それを紹介したいと思います。

あの小さかったころの “絶体絶命” に比べれば・・・〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

私の家のすぐ近くの道路が小学校の通学路になっていることもあって
毎日、子どもたちの元気な声が聞こえてきます。

特に、ランドセルに黄色い安全カバーをつけた1年生たちが
かわいいやら初々しいやらで、思わず、顔がほころんでしまいます。


さて、大人になった今でも
彼らのような小学生のとき(さらには、もっと小さかったとき)でも
何かしら『問題ごと』は存在するわけですが
スケールもレベルも ”桁違い” であるにも関わらず
小さかったころの方が、相対的にピンチのダメージが大きかったのではないでしょうか。

まさに ”絶体絶命” というか。


先生に、みんなの前で怒鳴られただけで
その日1日、ブルーな気持ちで過ごしていたり・・・

ちょっと友達とケンカをしただけで
もう二度と遊ぶことができないんじゃないかと思ってみたり・・・

計算や運動ができないだけで
これから先は生きていけないんじゃないかと思ってみたり・・・

(『はじめてのおつかい』のピンチなんて、まさに ”絶体絶命” ですよね)


人生経験が少ないといってしまえばそれまでですが
いま、受けるピンチがそれほど絶体絶命だと感じないのは
今まで、数多くのピンチを乗り越えてきたからこそ。

そう。

大人になると、みんな図太くなっている。


もし、みなさんが、いま何らかの問題を抱えていたとしても
もう一度、小学校のころの “絶体絶命” を思い出してみて
「あのときに比べれば、どうってことないな」と
ちょっとつぶやいてみるのもいいかもしれませんね。

眠れぬ夜に〔♯32〕『明日』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯32〕

『明日(あす)』とは・・・
『生きる楽しみ』である。



〔解釈とヒント〕

ところでみなさま、明日が来るのは楽しみですか?

といっても、明日がどんな一日なのか(ほんとうは)分からないので
答えようがないですね。

明日とは誰も知らない世界です。

でも、一番近い未来です。

夜寝て、朝起きると明日になっている。

それはもう、今日過ごしたこの世界と異なる別の世界なのです。

だから寝るという行為が重要になってきます。


ずっと起きていて、ある瞬間から別の世界になるというのではなくて
目を覚ますと別の世界になっているというのは
なんともドラマチックじゃないですか。

まるで朝起きたら一面の雪景色になっていた冬の日のようで。

そう考えると、少し大げさな言い方になってしまうかもしれませんが
人間、明日があるから生きられる という言い方もできると思います。


明日何かが起きるかは、やはり明日になってみないと分かりません。

だから楽しみなのです。

こんなふうに書くと、私たちはいかにも運命に翻弄されて生きているかのようですが
そんなことはありません。

明日何が起こるかも分からないというとき、実はその主体として
自分も対象になっているのです。

つまり、明日起こることは自分の行動次第 でもあるわけです。


フランスの哲学者、ジャン=ポール・サルトル(1905-1980)は

 人間とは、すでにある何らかの本質に支配された存在では決してなく
 自分自身で切り開いていくべき実存的存在に他ならない

と唱えました。

彼はこれを「実存は本質に先立つ」と表現しました。

実存とは存在のことで、本質とはあらかじめ決められた運命みたいなものです。
それゆえこの思想は、実存主義 とよばれます。

物の場合、用途があらかじめ決められているため
その意味で本質が実存に先立っています。
(『存在意義』が限定されている)

ところが人間の場合は、最初は何でもない存在ですが(何もできない)
後になって “はじめて” 人間になります。

しかも運命を超えて自らつくったところのものになるというのです。

そう。実存が本質に先立つわけです。

サルトルはこの状態を「人間は自由の刑に処せられている」と表現しました。

これは、常に自由に何かを選択するほかなしに
一歩も前に進むことのできない人間の性(さが)を表現したものなのです。

「何をしてもいい」と言われると
人はかえってとまどうものなのです。


ただ、この言葉は、私たちが無数の選択肢の中から
その都度自由に選択して人生を歩んでいるという
素晴らしい事実を認識させてくれるものでもあります。

私たちは、無数の選択肢から次の行動を選ぶことで
明日をつくることができるからです。

だから本当は、明日どうなるかは誰も知らないけれど
明日どうするかは自分で決められるし、逆に自分しか知らないのです。

こんな痛快なことはありません。

明日みんなを驚かせてやろうなんて思いだしたら
もう待ちきれませんよね。

皆さんは明日何をして世界を驚かせますか?


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

小学校後輩のプロ野球選手の活躍に期待!

みなさま、いつもありがとうございます。

いきなりの質問ではありますが
みなさまの卒業された学校で、有名人の方はいらっしゃいますか?
(Wikipediaなどで分かったりしますよね)

私の卒業した小学校の後輩に(20年以上も歳が離れているわけですが)
現役のプロ野球選手がおり、その彼の特長である強肩が
PacificLeagueTV〔Youtube〕で紹介されていたので、ここでアップしたいと思います。

【衝撃映像】谷川原健太の“レーザーキャノン”肩の強さがハンパない - YouTube

彼の名は 谷川原健太選手。
豊橋中央高校から2015年ドラフト3位で福岡ソフトバンクホークスへ。
本業は捕手ですが、内外野もこなせるユーティリティープレイヤー。

最近どうしているか少し気になっていたのですが
なかなか、どうして。

層の厚いチームでなかなか大変だけど
ぜひこの肩を1軍の試合で見たいな~

がんばれ! 応援してます!

『自分プロジェクト』を見つける〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

4月になりました。

新年度、新学期。

目標をたてるとまではいかなくても
「何かに挑戦したいな」という気持ちを持たれている方も
きっと多いと思います。

そんなとき
ふと思いついたことや、好奇心の湧いたこと
「なんだろう」「おもしろそう」と思ったことは
日常生活の忙しさで忘れてしまわないように
『自分プロジェクト』として、メモを残しておくとよさそうです。

1日にひとつ、何かを学ぼうと思う心がけ・・・とても大切ですよね。

その心がけを忘れずにいるだけで
きっと、有意義な1日を過ごすことができると思います。

『自分プロジェクト』を見つけ
普段の生活の中でひとつ楽しみを味わっていきましょう。