ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

『こころの定期メンテナンス』内容詳細説明(月1定期更新)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

オリジナルコンテンツのひとつ『こころの定期メンテナンス』について説明いたします。

明確な問題や悩みがあって日常生活に支障をきたさないにしても
なんとなくしっくりこない、腑に落ちない・・・
もっと自分には、違った生き方があるのではないか・・・
世のため、人のため、果たすべき “役割” があるのではないか・・・

そんな思いをされている方のために、定期的に時間をとって
じっくりと自分の内面を見つめる機会をつくりました。

自動車が2年に一度、定期検査(車検)を行うように
人の心にも定期的にメンテナンスの機会を。

また、単なるメンテナンスにとどまらない
自分の人生を心から全うするための “作戦会議” といった要素も含まれています。

【内容、料金】
・1回60分、6回コース(2ヶ月に1度の割合)      \36,000.- + 交通費4回分
・1回60分、12回コース(1ヶ月に1度の割合)    \72,000.- + 交通費6回分
・1回120分、6回コース(2ヶ月に1度の割合)    \60,000.- + 交通費4回分
・1回120分、12回コース(1ヶ月に1度の割合)  \120,000.- + 交通費6回分
 (交通費:片道距離10kmまで1000円、以降10kmにつき1000円)

 ※お申し込みいただいてからの1年間を契約/サポートするイメージです。

【場所】
『基本セッション』と同じ
(お申し込みの後、ご希望とされる地域や場所を伺い、決定いたします)


  ※本文は第1月曜日の翌日(火曜日)に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

『基本セッション』内容詳細説明(月1定期更新)

この度は弊社のホームページにお越しくださり、誠にありがとうございます。

当方が提供するサービスのうち、最もスタンダードな『基本セッション』について詳しく説明いたします。

【内容】
・60分、90分、120分の3つのコースに分けています。
 (お客様のお話しされる内容やペースに合わせ、多少前後します)
・当日の気分やお話しの内容によるコース変更(時間延長/短縮)は、状況により判断致します。
・5回セッションを受けていただいた方には、6回目のセッションを半額で提供致します。
 (以降、同様に5回のセッション後、次回のセッションを半額提供)

【場所】
お申し込みの後、ご希望とされる地域や場所を伺い、決定いたします。
(街中にあるカフェやホテルラウンジなどで行うことが多いです)
また、お客様のご意向により、プライバシーの保たれる空間を用意することや、ご自宅にお伺いすることも可能です。

【料金】
\ 6,000.- (60分)  + 交通費
\ 8,000.- (90分)  + 交通費
\ 10,000.- (120分)+ 交通費
(交通費:片道距離10kmまで1000円、以降10kmごと1000円)

【複数回おこなうときのスケジュール、間隔】
お客様の意向を反映致します。
((毎月1回、第○週○曜日の○時など)固定した日時・場所でおこなうことをお勧めしております)

【その他注意点】
当方からのコメントや提案、助言を否定し、ひたすら不平不満や悪口、自己主張を述べるのみであったり、ペースを乱すなど、明らかに悪質だと判断できる行為がお客様に見られた場合、次回以降のセッションをお断りする場合があります。


  ※本文は第1月曜日に定期配信しております。


ハートオフィス・あおい
代表  野田 喜敬

人生で “やり残したもの” をやり直す(2/2)

みなさま、いつもありがとうございます。

きのうに引き続き、私が人生の中で “やり直した” こと。


② 高校時代を “やり直す”

どのようにやり直したか・・・
それは、『高校同窓会の幹事』という手段によって。


ちなみに、皆さんはどのような高校時代を過ごしていたでしょうか。
(高校に限らず、『学生時代』『思春期』『青春期』という括りでもいいかも)

恥ずかしながら(?)私はドラマや映画・マンガであるような
“キラキラした” ものでは決してなかったです。

「光の対極にあった」まで暗くネガティブだったわけではないですが
周りのみんなに圧倒され、思いっきり流されてしまったというか、自分を見失ってしまったというか。
(地区一番の進学校になんとか入れたものの、勉強についていけず、おもいっきり挫折・・・)

物事に全力で立ち向かうことができず(夢中になるものも見つからず)
いろいろなものに3年間 “避けたまま” 過ごしてしまい、​迎えた卒業式・・・
そして、卒業式を終え、家から戻ったあと
おもいっきり “抜け殻” になってしまったことをいまでもはっきり覚えています。


そして時は流れ、40歳過ぎたあたりでしょうか。。。

高校同窓会の幹事の話が持ち上がり
(私の卒業した高校では、卒業25周年に大きな同窓会を行うことになっています)
なんとなく「やってみよう」という気になったのです!

当時の挫折感もだいぶなくなっていたこともあって。
(そりゃ、卒業して20年以上たってますからね)


実際やってみて・・・これも素直に、ほんと、よかったです。

幹事を引き受けたことで、高校3年間で縁のなかった方ともお話しすることができ
また、「同窓会を運営させる」というひとつの目的に向かって、チーム一丸になれたというか。

なかなか大人になって味わうことのなかった感覚を味わうことができました。

また、いまから2年半くらい前になりますが、実際に行われた卒業25周年の同窓会においても
“大人になった” 同窓生のみなさんに元気に再開することができましたし
催しの中で、同窓生全員で『校歌』『応援歌』『愛は勝つ(当時大ヒットした曲)』を大合唱するなど
(歌いながら、思わず目頭が熱くなってしまうような…)まさに一生の思い出に残るものとなりました。


いま思えば、同窓会の幹事をすることによって
高校時代の “やり残し” や、思考や感情の部分における “消化不良” を
しっかりと消化させてくれるチャンスを神様があたえてくれたような気がします。

(もちろん、幹事しようと決めた自分をほめてあげないと(笑))


 『人生で “やり残したもの” をやり直す』過去掲載分
 http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/932

人生で “やり残したもの” をやり直す(1/2)

みなさま、いつもありがとうございます。

先日のプレスリリースにて、皆さんにある問いを投げかけました。
(参照URL : http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/931 )

テーマは、人生の “やり残し” について。

私が(特に青年期のとき)抱えていた人生の “やり残し” について
過去、勇気をもって(?)取りんだこと(やり直したこと)が2つほどありますので
きょうとあしたの2回にわたって紹介していきたいと思います。


① 少年時代を “やり直す”

どのようにやり直したか・・・
それは、『学童保育の指導員』という手段によって。


フリーランスで現在の職業(心理職)を生業にすると決めてから
(そうそうクライエントさんから依頼があるわけでもないので)
まず始めたのが、学童保育の指導員。

もともと子どもが好きだったということもあるのですが
歳を重ねていくうえで、何か大切なものをなくしてしまったような気がして
それを『学童保育の指導員』つまり『子どもたちと触れ合う』という手段によって補おうとしました。
(自分の少年時代に “やり残し” があったというよりは、そちらの方がウエイトが大きいかも)


実際やってみて・・・素直に「よかった」です。
(時間帯も特殊だし、収入面のことを気にしてたらまともにできませんが)

やはり子どもは純粋というか。目が輝いているというか。

あと、子どもから学ぶことって、とても多いんですよね。

まずもって子どもは『いま、この瞬間を生きている』

大人になると、過去や将来のことで思考や感情や支配され
また、どうしても “出し惜しみ” するところがあるわけですが
(家に戻って家事をしないといけないから、いまは少し “やり過ごしておこう”・・・みたいな)
子どもを見ていると、それこそいまを全力で生きているということが分かります。

その他、けんかをしても、尾を引かないというか(そう見える)
30分後とか1時間後には一緒になって仲良く遊んでいるということも。。。

そういった意味では、大人の方が(人にもよりますが)
ちょっとしたことで人を妬ましく思ったり 、何かと社会や他人のせいにするなど
子どもよりも未熟な部分があるかもしれません。

「自分を知る」ための問い〔♯59〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯59〕

あなたの人生の “やり残し” の中で、このままだと(やらずにいると)
必ず後悔してしまいそうなことを挙げるとしたら、それは何ですか?



~答えを導き出すヒント~

コロナ禍による『ソーシャルディスタンス』の世の中が定着しつつある一方
政府が推奨する『Go to キャンペーン』の “ゆるみ” もあって事態は悪化。
いよいよ、この先、何が起こるか分からない世の中になったような気がします。
(と、大げさになってしまいましたが、結局なるようにしかならないんですけどね)

ただ、そんなコロナ禍に関係なく
1日1日淡々と過ぎていく、イコール、1日1日自分の寿命が短くなっていく
ことはまぎれもない事実。

この事実を意識しておくことは、とても大切なことだと思います。
(それこそ大げさに!)

そこできょうの質問。

日常生活の忙しさによって、また、過去、自信や勇気がなかったゆえに
見落としてしまったもの、“やり残してしまった” ものって、きっとありますよね。
・・・やり残してしまったものにうすうす気が付いていても
   それから目を背けるため、あえて忙しくしている…なんて人もいるかもしれません


ただ、そんな状態( “やり残し” に見て見ぬふりをする状態)を続けていたとしても
年齢を重ね、自分がすこし “弱くなった” と感じたとき
「あのときやっておけばよかった」と、必ず後悔すると私は思うのです。


確かに、いまの年齢・生活状態でその “やり残し” に取り組んでみたとしても
全然タイムリーじゃないかもしれないし、場合によっては、周りの人から嘲笑されるかもしれない。

ただ、取り組まないよりは絶対にいいし
何かしら「腑に落ちる」というか、心の奥底で引っかかっていたもの・燻っていたものが取れ
納得感・満足感が得られると思うのです。


よってきょうの質問・・・
いつもよりすこし時間をかけ、自分の人生の “やり残し” について
(すこし勇気がいるかもしれませんが)見つめてみてはいかがでしょうか。


実は私自身も、自分の “やり残したこと” について
特に青年期、苦悩に近い感情を抱えていたことがありましたが
それに勇気をもって(?)取り込んだことによって
しこりみたいなものがとれたというか、自分の中で納得感を得られるまでになりました。
(それによって、たいぶ過去の未練も断ち切れたような・・・)

そんな私の経験談を、また別の機会で書いてみようと思います。

『エール』ロス

みなさま、いつもありがとうございます。

NHK朝の連続テレビ小説『エール』の放送が終わりました。

今回の作品は、コロナ禍の影響で撮影が一時中断され
(それにともない、放送が一時中断、またストーリーも10話分短縮されるなど)
何かと大変な事態となってしまったわけですが
心と記憶に残る、とても素晴らしいドラマだったと感じています。

(出演された皆様はじめ、演出家・スタッフ・関係者の方々、改めて感謝申し上げたいと思います)


実のところ、このドラマにすこし思い入れもあったんですよね。

というのは、ドラマの舞台になったのは
夫・古山裕一の出身地である福島と、妻・古山(旧姓関内)音の出身地である豊橋。

そう。私自身、育った故郷が豊橋ということもあり。


思えば、2年半ほど前になるでしょうか。
高校の同窓会にて、この物語(作曲家・古関裕而さんと妻・金子さんとの物語)を
朝の連続テレビ小説として放送していただくように(同時に、豊橋をロケに呼び込もうと)
NHKに提出するための著名活動があり、サインをしたのを思い出しました。

それがこんないい “結果” になるなんて。。


ドラマの終わり方が、いままでにない終わり方となっていましたが
(出演者の皆様による、古関裕而さん作曲の歌メドレー)
やっぱり、『音楽の力』って、すごいですよね。

しばらくのあいだ、“『エール』ロス” に陥りそうです。。。

選択肢を絞り込む ~ジャムの法則より~〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

何か物を買おうとしたり、何かしらのサービスを受ける際
選択肢が多いほうがうれしいか、それとも少ない(絞られている)ほうがうれしいか・・・

どう思うかは人によって異なるわけですが
行動経済学で考えた場合、一般的に選択肢が多いと迷ってしまい、結果
何か買う意識がなくなってしまうということが科学的に証明されているそうです。
(『ジャムの法則』以下、参照)

そう。結局のところ
確かに、“人の生き方・可能性” って無限大かもしれないけど
なにかしら選択肢を絞り込んだほうが行動がしやすいし、事も進むような気がします。

いろいろ迷いすぎて頭でっかちになってしまう前に
日々の生活のなか、無数にある選択肢の中から あらかじめ “絞り込む” クセをつけておく。

『行動できる人』になるための第一歩といったところでしょうか。。。


====================

〔ジャムの法則とは?〕

24種類のジャムの売り場〔A〕と、6種類のジャムの売り場〔B〕を用意。
100人にどちらかのジャムを試食してもらい、気に入ったジャムを買ってもらう実験を行ったところ
〔A〕のジャムを試食した人(60人)で買った人はわずか2人(試食した人の3%)だったのに対し
〔B〕のジャムを試食した人(40人)で買ったのは12人(試食した人の30%)という結果になった

(シーナ・アイエンガー(コロンビア大学ビジネススクール))

今年替えたもの

みなさま、いつもありがとうございます。

物持ちがいいと自負している私。

とはいえ、使ってくるうちにどうしても『寿命』がきてしまうので
今年、替えたものがいくつかあります。

ひとつ目、約17年もの間、運転してきた自動車。
ふたつ目、約20年もの間、使ってきた冷蔵庫。
(実はまだ使えるんですけど、生活スタイルの変化のためやむなく手放すことに)
みっつ目、約8年、毎日のようにフル稼働させたパソコン。。。

そして最後の4つ目に挙げるのが
これもまた約20年という、長い期間使い続けた傘。

先日の雨で傘をさした際、見事に骨が折れました。

使用頻度にもよるわけですが、1本の傘だけで、約20年。

よくがんばりました!
傘も。そして使い続けたこの私も。

自己肯定感が低くて悩むのは、高いときを知っているからこそ〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

夜遅い時間に流れるラジオ。。。
よくあるお悩み相談室。。。

中学生だったかな? 女の子のお悩みで

「私は自己肯定感が低くて悩んでいます。
 服を買おうとして何を着てもまったく似合わないのです
 自分の姿を鏡で見るのが嫌になります・・・」



分かる。分かる。その気持ち。

このおじさんもそうでした。

中学2年になったくらいのときかな。
どんな服を着ても、まったく似合わないように感じてしまう。
とにかく、顔と服がアンバランス。
そのほかにも、自分の顔を鏡で見るのが嫌で嫌で
毎日顔を洗うとき、いかに自分の顔を鏡で見ないようにして洗ったか・・・


そんなことを思い出しながら
そのラジオ番組のMCや、リスナーさんからは

「人に何も言われないように、予防線(みたいなもの)を張っておく」
 (無難に物事が進むような手段を探したり、選んだりする(服のチョイスもしかり))
「「自己肯定感が低い」って気づけたことだけでも、素晴らしいことだと思うよ」
「(服を選ぶという)ひとつのできごと対して、それだけ真剣に向き合っている証拠」


などの貴重なご意見・アドバイスが。

みんなやさしいじゃないか!


ここでおじさんからも一言

自己肯定感が低く感じるというのは
過去に高いと感じたことがあるからこそ。


だから、自己肯定感が高く感じた出来事や思い出
(ただ単に楽しかったことでもいいかもしれない)
そのとき、誰といたか、何をしたか、どんな気持ちを味わったか
一度丁寧に振り返ってみるというのも、とても大切な気がします。

自分の心の奥底にある “キラキラしたもの” に気づくというか・・・

専門用語では『リソース』なんて言い方をします。

心を取り扱う者として、普段の生活でこころがけていること(3/3)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

一昨日よりお送りしているテーマ。

心を取り扱う者として、また、ひとりの成人として普段の生活で心がけていること(※)
きょうが最後になります。

みなさまも日々生活していくうえで、何かしら参考になる部分があったとしたらうれしいです。


⑤ 健全な肉体を保つ

特に40代半ばになり、このことを意識するようになりました。

それは『こころ』の動きも、健康な『からだ』があってこそということに改めて気がついたからです。

同じ出来事に対する受け取り方や解釈の仕方にしても、健康なときとそうでないときに
受け取り方が全然違うという経験はみなさまもお持ちではないでしょうか。
(言うまでもなく、健康なときの方が物事を前向きに捉えられますよね)

そのため、栄養のバランスを考えて食事を摂ることはもちろんのこと
毎日のウォーキング、全身ストレッチ(同時に、身体のコリがないかをチェック)
腸をはじめとしたお腹周りのマッサージをすることも心がけています。

何度かこのプレスリリースにも書いていますが
身体が病気になってしまう大きな要因のひとつにあるのは、身体のコリや冷えによって
新鮮な血液やリンパ・神経細胞といったものが身体の隅々にまで行きわたらないため。
( “うつ” はそれらのものが脳に行きわたっていないため発生する)

そのため、新鮮な血液・リンパ・神経細胞が身体の隅々にまで行きわたるようのを心がけて
(「行きわたっているな」と自分で感じられるような感じで)日々過ごすようにしています。


⑥ 幸せでいる

なんといっても、これですよね!

幸せの定義は人によって大きく異なるわけですが、私の幸せの定義は

・“ありのままの自分” にOKサインが出せていること
・無理のない、穏やかな気持ちでいること
・周りの人に感謝する気持ちが持てていること

(感覚的なものではありますが)この3つを大切にしています。

その他、幸せの定義の最たる条件として入れやすい
『家族みんなが元気で明るくいる』というのは
人に期待してしまうことにつながるので(自分の力でコントロールするできない)
あくまで、自分基準で幸せの定義を見つけるのがいいと思います。


以上、そんなところでしょうか。


 (※:『心を取り扱う者として、普段の生活で心がけていること』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/916
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/917