ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

「自分を知る」ための問い〔♯52〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯52〕

今回の “有事” によってあなたが得た教訓は何ですか?


~答えを導き出すヒント~

昨年末、中国・武漢で発見された新型コロナウイルスが全世界で猛威を振るい
感染拡大を防ぐための『自粛』が、日常生活に多大なる影響を及ぼしています。
(当方はこれを “有事” と表現することにします)

特に営業自粛を余儀なくされた業界で生活している方々にとってみれば
生活できるか否かの死活問題につながりますので
一刻も早い事態の収束・自粛解除を望んでいることと思われます。

また、そこまでの影響は受けていないまでも
不要不急の外出の自粛等はすべての方々に『要請』として求められているわけなので
すべての国民が “One Team” となって守る必要があるように思います。

結果、どうしてもストレスがたまりがちとなるわけですが、だからといって
事態が収束するまで “何もしないまま” 待ったり
「コロナが憎い」と言って嘆くことにどんな意味があるでしょうか?

そこで、きょうの問いです。

ウイルスは確かに、人間にとってみれば強敵ですが
ウイルスそのものに “罪” はありません。

目に見えない無数の微生物同様、存在することの『意味』が必ずあるわけです。

よって、私たちが目に向けるべきことは
(ウイルスの存在価値というよりは)現在の “有事” が
人間社会にどんな『意味』をもたらしているか・・・という部分にあると思います。

自粛生活は確かに厳しいですが
それによって大気汚染が改善され、空の透明度が高くなったり
夜、数年ぶりに星を見ることができたなんて話もあるそうです(中国・インド)
(地球環境問題だけでなく、生活に『良い影響』をもたらした部分が必ずあるはずです)

今回の “有事” が100年後・200年後の地球に与える影響・・・

そう考えると、この自粛生活の “辛抱” も、少しは和らぐのではないでしょうか。

特にかわいいお子さまやお孫さんがいる方々にとってみれば。

懐かしい彼女

みなさま、いつもありがとうございます。

先週の土曜日の夜のことですが
予期せぬうたた寝の後、ふとテレビをつけたら
大変懐かしい方がご出演されておりました。

(鬼束ちひろ:NHK『SONGS』)

私の中で、尾崎豊とどことなく被る彼女。

彼は28年前のちょうどこの日に亡くなってしまったわけだけど
彼女は、苦しみながらもなんとか生きているみたいで・・・

よかった。よかった。


さて、話は変わり

周りが暗ければ暗いほど見えてくるものがあるわけですが
(天空に存在する満天の星など)
その星たちがもっと光輝いて見えるための条件がひとつあり、それは空気が澄んでいること。

現在の世の中、あまりにも “暗くなってしまう” 状況になりがちですが
そんな状況下にあっても、不安や恐れ、他者への批判や憎悪によって
自身の心や視界を曇らせないように。

そして、どうか、お疲れが出ませんように。

いまの楽しみ・・・備忘録的な

みなさま、いつもありがとうございます。

なんとなくですが、時がゆったり流れているような今日このごろ。

以下、私の備忘録的なメモとして・・・

〔いまの楽しみ〕
・朝の連ドラ『エール』を観ること
・Youtubeで80年代を中心とした音楽を聴くこと
・Youtubeで『志村けん』『ドリフ』を観ること
・公園や街路樹の花の咲く様子や、緑の濃くなっていく様子を見ること
・テレビ横に置いてある『バキラ』の生長を見ること
・ちょっと時間をかけてカレーやお味噌汁を丹念に作ること
・契約社員として一緒に働いている人たちとなにげない会話をすること
・“儀式的な気分で” “聖職についた気分で” 手を洗ったり、机を拭いたりすること

〔 “有事” によって気が付いたこと〕
・『こころの勉強』が大変役に立っていること
・衛生や健康に対する自身の意識が高まったこと
・自粛生活が続くことによって、無駄なエネルギー消費が抑えられ
 地球環境が改善されるきっかけになるのではと気づいたこと
 (ただし、多くの人々がそれに気づくことが必要)

〔 “有事” が収まったらしたいこと〕
・カラオケに行って、80年代を中心とした歌を歌うこと
・友達とゆっくり “生き方談義” をすること
・電車に乗ってどこか景色のいいところへ出かけること

くらいかな・・・


もともと不要不急の外出をするタイプではないですし
レジャーや “キラキラしたもの” に興味がなくって。

趣味のない、さみしい人間と思わないでくださいね(笑)

カウンセリングの種類(6/6)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングにてクライエントさんのお話に耳を傾け、見立てを行うとともに
クライエントさんにとって最もよい答えを導かせるためのベースとなる『6つのカウンセリング(※)』

本日はテーマの最後となる6つ目です。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)

 
⑥ コンサルテーション(作戦会議)

これまで紹介してきた5つのカウンセリングは
「相談に来られている人自身の変化」を援助するものでしたが
それとは異なるニーズを抱えた相談も寄せられることがたまにあります。
(ex 中学校の教師が、受け持つ生徒のことで相談に来られた場合)

この場合のクライエントさんのニーズは、具体的な助言が欲しいことの方が多く、これを
カウンセリングと区別して『コンサルテーション』といいます。

カウンセリングとコンサルテーションの一番の違いは
「変化するのは誰か」ということになります。

上の例でいくと
生徒の問題を通じ、教師であるその人自身のあり方や理想とする教師像などを内省・探索していく場合は
『カウンセリング』になりますし

カウンセラーと教師が “チーム” を組んで、どうやって生徒が変わるか “作戦会議” を行う場合は
『コンサルテーション』になります。

ここでカウンセラーが注意しないといけないのは
いま行っていることがカウンセリングなのか、コンサルテーションなのか
カウンセラー自身がちゃんと自覚して支援できているかというところになります。

自覚して支援できているかいないかで、その結果も大きく変わってしまいます。


 (※:『6つのカウンセリング』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/807
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/808
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/809
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/812
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/813

カウンセリングの種類(5/6)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングにてクライエントさんのお話に耳を傾け、見立てを行うとともに
クライエントさんにとって最もよい答えを導かせるためのベースとなる『6つのカウンセリング(※)』

本日はその5つ目です。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)

 
⑤ “つなぐ” カウンセリング

つなぐカウンセリングとは
ほかの専門機関などを紹介することによって、文字通り、次の専門機関でのカウンセリングが始まるまで
クライエントさんを ”つないでいく” ことを意味します。
(ほかの専門機関や専門家を紹介することを「リファー」という)

つなぐ必要のあるケースは、実は結構多いのですが(下記参照)
私たちカウンセラーは、複数の専門機関を紹介したり十分な説明をすることで
クライエントさんが自分自身で選ぶことができるように努めます。

また、一方的に紹介しっぱなしでは
クライエントさんの中には「見捨てられた」と思う方もいらっしゃるかもしれないので
紹介先などでうまくいかないときなどに「またいらしてください」と声をかけるといった
配慮もできるよう心がけています。

また、クライエントさんにぴったりな専門機関や専門家(医師など)を紹介する上でも
クライエントさんの抱えている問題の質や大きさ、人間性、病態水準など
的確な見立てを行うことも重要となってきます。

   〔専門機関などに紹介するケース〕
 ・自分の不得意な(あるいは経験の乏しい)事例の場合
 ・クライエントの経済状況から、カウンセリング継続困難と思われる場合
 ・クライエントさんの限定的・具体的ニーズに応えるための専門的知識がない場合
  (「箱庭療法をしたい」など(当方は取り扱っていません))
 ・クライエントさんの環境変化により、継続が困難になった場合
  (引っ越し…その地域のカウンセラーさんで信頼できる人など)
 ・クライエントさんの環境変化により、引き継いでもらった方がスムーズにいくと判断できる場合
  (進学…スクールカウンセラー、学生相談室のカウンセラーなど)
  (就職…企業内のカウンセラーなど)
 ・クライエントさん自身が、ほかの専門機関への紹介をもとめてきた場合
 ・明らかに手に負えない病的水準・症状の場合


 (※:『6つのカウンセリング』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/807
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/808
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/809
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/812

カウンセリングの種類(4/6)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングにてクライエントさんのお話に耳を傾け、見立てを行うとともに
クライエントさんにとって最もよい答えを導かせるためのベースとなる『6つのカウンセリング(※)』

本日はその4つ目です。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)

 
④ 目標達成志向のカウンセリング(「コーチング」に類似)

目標達成志向のカウンセリングとは
クライエントさんの語る人生の目標や願望の実現、問題の解決や症状の痛み・緩和など
クライエントが自分で掲げた目標の達成を直接目指す カウンセリングのことです。

もっともスタンダードなカウンセリングに
【① 自分を見つめるカウンセリング】を挙げましたが
(「自分がどうなりたいのか(what)」を検索していく)
なかには「自分がどうなりたいのか」すでに分かっている方もいらっしゃいます。

ただ

「どうなりたいのか(what)」が明確に分かっていても
「どのように(how)」実現・達成させたらいいかが分からない――


この場合、その人にとってどんな目標像がしっくりくるのか伺い
(目標とする人、場面、イメージ etc… )
『自己探索』できるよう援助していくことが多いです。

その他、一般的によく知られている認知行動療法やフォーカシング、NLPといった手法も
クライエントさんの “大目標” を達成させる上で、大変有効な手段だったりします。


 (※:『6つのカウンセリング』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/807
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/808
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/809

眠れぬ夜に〔♯20〕『喧嘩をする』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯20〕

『喧嘩をする(けんかをする)』とは・・・
『アイデンティティが確立されていないこと』である。



〔解釈とヒント〕

あとになって後悔することのひとつに
『けんか』というのがあると思います。

自分が相手に対して正しい・間違っている関係なく
「どうしてあんなことを言ってしまったのだろう」とか
「どうしてあんなことでキレてしまったのだろう」というように。

もともとしっかり議論できていれば、けんかをする必要がないわけなので
けんかをするということは、議論ができていない状態ということになります。

そして、議論できない状態というのは
冷静さを欠き、相手の話を聴く耳も持たず
自分の主張を一方的に押し付けようとする状態をいいます。


では、どうしてそんなことになってしまったのでしょうか?


けんかをしているときは、お互いに「相手が悪い」と思うわけですが
本当に悪いのは、自分自身ということになります。

自分さえ冷静に事態を掌握することができれば
けんかになることはまずないからです。

もっというなれば、けんかをする人は 自分に自信がない ということになります。

自分の存在に絶対的自信があれば
常に冷静に相手の主張を受け止めることができるからです。

 ・・・幼児に対してムキになる大人がいないのは
    幼児に対して(身体が大きいだけでなく、人生経験という)
    絶対的自信があるからであって
    自分というものをしっかり持っていればすむ話ということになります。


いうなれば『アイデンティティの確立』といったところでしょうか。

アイデンティティとは、『自己同一性』あるいは『自我同一性』と訳され
「自分が何者なのかということを、自分自身で分かっている状態」のことを言います。

発達心理学者のエリク・H・エリクソン(1902-1994)は
人生の各段階において、アイデンティティの確立が必要だと述べています。

とりわけ、青年期以前にけんかが多いのは
アイデンティティが確立されていないから
(つまり、自分自身が見えていないから)ということになります。


では、どうすればアイデンティティを確立できるのでしょうか?


自分が何者かを知るためには
まず、社会がどのようなものであるかを知る必要があります。

また、社会を知れば、自分がどうあるべきかも見えてきます。

本を読むのもいいですし、いろいろな人と話をするのもいいと思います。

ほかにも「かわいい子には旅をさせろ」ということわざがあるように
世界を旅して見聞するというのもいいでしょう。

(という私は、恥ずかしながら(?)(世界を旅する)勇気がないですが)

百聞は一見に如かず。

自分の目で世界の現実をみることが
人を大きくさせる要素のひとつだと言うことができると思います。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

カウンセリングの種類(3/6)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングにてクライエントさんのお話に耳を傾け、見立てを行うとともに
クライエントさんにとって最もよい答えを導かせるためのベースとなる『6つのカウンセリング(※)』

本日はその3つ目です。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)

 
③ あきらめるカウンセリング

あきらめるカウンセリングとは
現実を受け入れ、執着を手放していくカウンセリングのことです。

最初は【② つらさをしのぐカウンセリング】のように
(小さな波のように)感情のジグザグを繰り返し、途中
ふとしたきっかけで面接がぐんと深まった後
【① 自分を見つめるカウンセリング】のように
深い内省・自己探索にはいっていくようなカウンセリングです。

人間、あまりにもつらい現実に直面したとき
最初はそれを自分ひとりではとても受け入れることができません。

よって、最初はその現実そのものや、現実によって引き起こされるつらい気持ちを見ないように
“切り離す” “目をそらす” 方法を援助していきます。

そして時間の経過とともに、少しこころに余裕ができてきたときに
(こころのダメージを最小限に食い止めたまま)少しずつ受け入れることを
重ねていく作業を援助していきます。

大切なのは、あきらめ方。

こころに回復不可能な大きな傷を残すことなく、安心したやり方で
現実を受け入れ、あきらめていく。

そんなじょうずな ”あきらめ方” ができるかどうかがカギとなります。


 (※:『6つのカウンセリング』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/807
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/808

カウンセリングの種類(2/6)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングにてクライエントさんのお話に耳を傾け、見立てを行うとともに
クライエントさんにとって最もよい答えを導かせるためのベースとなる『6つのカウンセリング(※)』

本日はその2つ目です。
(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)

 
② つらさをしのぐカウンセリング

つらさをしのぐカウンセリングとは
多くの問題や生きづらさを感じているクライエントさんが、毎日をなんとか ”しのいで” いくための
具体的な工夫や対処法などを一緒に考えていくカウンセリングです。

その問題や生きづらさとは
過去の、そして現在のあまりにもつらい出来事だったり
体の重い症状や痛み、はたまた、訳も分からず
突然つらい気持ちに襲われることだったり・・・

こういった方々は、前回紹介したカウンセリング自分を見つめるカウンセリング】とは異なり
自分の気持ちを見つめてしまうことでかえって混乱を招いてしまう場合があったりします。
(大きな感情の波に襲われ、かえって苦しみの中から逃げ出せなくなる)

よって、私たちカウンセラーは
そのような方々に対し、『深い内省』や『自己探索』させるための誘導はせず
『自分の気持ちとの距離』を(クライエントさんが)自由にとることができるよう
質問・応答などが ”重たいもの” にならないよう心がけています。

また、こうして毎日をなんとかしのいでいるうち、ある日突然
思いもかけない解決(引っ越し、結婚、離婚、転職といった環境変化など)がやってくることも
この『つらさをしのぐカウンセリング』の特徴だったりします。


 (※:『6つのカウンセリング』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/807

カウンセリングの種類(1/6)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを行う際、クライエントさんのお話に耳を傾けるとともに
私たちカウンセラーが真っ先に行っていることは

「このクライエントの抱えている問題の質はどういったものか」
「このクライエントはどのように問題と向き合っている(向き合ってきた)のか」
「このクライエントの人間性はどのようなものか、一番のボトルネックになっているものは何か」
「このクライエントにこれから ”襲ってくる” 様々な気持ちを抱えるだけの主体性は育っているか」
「このクライエントに一番相応しいカウンセリングはどのカウンセリングで、どう誘導させていくか」


といった『見立て』の作業です。

そして、その見立てに対し、どのようなカウンセリングが必要なのかを
ある程度見極めることによって、カウンセリングを進めていくわけですが
おおよそ6種類のカウンセリングに分けることができます。

では、その6種類のカウンセリングとは一体どういったものなのか・・・

本日はその中から1つを紹介します。
(以降、5回にわたって紹介してきます)

(参考文献:『新しいカウンセリングの技法』 諸富祥彦著 誠信書房)

 
① 自分を見つめるカウンセリング(自己検索的/内省的カウンセリング)

カウンセリングの最もスタンダードといえるケースです。

「自分でもどうしたらいいのか、分からない」
「自分がどんな気持ちでいるのか、自分自身でも自分のことがよく見えなくなっている」
「○○のことで悩んではいるんだけど、実はそれよりもっと大切なことがあるような気がする」


そんな思いを抱えたクライエントさんが
『自分自身の内側』を見つめ、自分の気持ちをまさぐり
「自分の “ほんとうに” 望んでいる姿はどういったものか」
自分の内面を探索していく――

クライエントさんが『深い内省』『自己探索』をおこなうことがカウンセリングの中心となるため
私たちカウンセラーは、より深い傾聴の姿勢が求められています。

また、カウンセリングの進め方においても、以前お伝えした『援助的人間関係の確立』を第一優先に
3つの段階を経て行うという、最もオーソドックスなルートをたどります。

詳しくは下記URLをご参照ください。
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/132