ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(4/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

過去3回にわたってお送りしてきたテーマ(※)、きょうが最後になります。

なぜ人は、問題や悩みを抱えたとき、ほかの人に相談したくなるのでしょうか。
そして、どのようにしてもらえたらうれしく感じるのでしょうか。
(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)


④ 叱ってほしい
~「そんなことしちゃだめだ」と叱ってほしい~


比較的若い年代の人たち、また、どちらかというと依存心の強い方などは
叱られることによって「本気で接してくれている」ように思うとともに
それが「うれしい」気持ちになるようなところがあるようです。

しかしながら、カウンセラーは叱ったり説教したりすることはまずありません。
(状況によって叱咤激励することがあるかもしれません)

中には、やたらとアドバイスとしたり、人生訓を語り始めるようなカウンセラー(特に年配の方など)もいらっしゃるかもしれませんが、そういった方に相談されてしまったのなら、ただちに他のカウンセラーさんに変えたほうがよいかもしれません。

カウンセラーが叱ることがあるとすれば、それは
カウンセラーとクライエントとの間で 十分な信頼関係が築かれていること。
(専門用語で『ラポール関係』という)

クライエントさんがカウンセラーに対し
「この人には安心して話ができる」「この人なら私の気持ちを分かってくれる」
「私と同じ痛みや苦しみを感じ取ってくれる」「この人となら一緒にやっていけそうだ」
と思い、また、カウンセラーもクライエントさんのその思い(信頼して話をしてもらっている)を感じ取ることができてはじめて成立するものだと考えております。

『共感的関係』という言い方もできるかもしれません。


 (※)『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか』過去掲載分
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/772
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/773
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/774

人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(3/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

一昨日よりお送りしているテーマ(※)、きょうが3回目です。

なぜ人は、問題や悩みを抱えたとき、ほかの人に相談したくなるのでしょうか。
そして、どのようにしてもらえたらうれしく感じるのでしょうか。
(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)


③ アドバイスがほしい
~専門家として、専門的な立場からのアドバイスや指摘がほしい~


わざわざ心理の専門家のところに相談しに行くわけですから
専門家としての的確な指摘やアドバイスがほしいというのはもっともなことだと思います。

例えば、お子さんが不登校になって、家庭内暴力をはじめた。
こんなとき、親としてどのようにかかわればいいのか、アドバイスが欲しい――

問題の傾向と対策が経験として蓄積された方なら、的確なアドバイスができるかもしれません。
しかしながら、こういったアドバイスはカウンセリングの枠から離れてしまうことになります。

というのは、カウンセラー側が “思いつく” アドバイスの多くは
クライエントが既に長い間悩みに悩んで考え抜いた内容と重なることが多いからです。

多くの場合、問題についてすでに多くの時間をかけて悩まれてきたその方自身の方がはるかに『専門家』ですので、こちらがアドバイスをしても「すでに行った」とか「何をいまさら、そんな分かりきったことを」となってしまうのがよくあるパターンです。
そして、それ以上に「(そう分かっていても)そうすることができない私のつらさ、苦しさを分かってほしい」という気持ちをかえって強くしてしまいます。

クライエントさん自身の内側から発せられる『こころの声』に耳を澄ませていくのが中心であって
「こうせよ」「ああせよ」と指摘することがカウンセリングという仕事の中心ではないということを
ぜひ、ご理解・ご了承いただきたいと思います。

また、問題を解決することがクライエントさんにとって必ずしもいいということでもないのです。
(〔問題を受け入れる〕〔解決をあきらめる〕ことがその人にとってベストになることもあったりします)


 (※)『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか』過去掲載分
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/772
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/773

人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(2/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

昨日よりお送りしているテーマ(※)、きょうが2回目です。

なぜ人は、問題や悩みを抱えたとき、ほかの人に相談したくなるのでしょうか。
そして、どのようにしてもらえたらうれしく感じるのでしょうか。
(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)


② 同意して力づけてほしい
~「うん、そうだね」と肯定してほしい 「それでいいんだよ」と背中を押してほしい~


誰かに相談する前からある程度自分の中で答えが出てしまっているということは、意外と多いのではないでしょうか。
そのため、相談したときはそれを肯定して「だいじょうぶ」と後押ししてほしいということもきっと多いと思います。

特に、人生の困難な状況に立たされたとき
恋愛や結婚、進路や就職といった『人生の重要な選択場面』に立たされたとき
「だいじょうぶだよ」「それでいいんだよ」と言ってもらいたい…
そんな気持ちになるのではないでしょうか。

相談することによって、実際に声に出すことによって
自分の気持ちを確かめていく――
そして「そうそう、確かにそう思っている」「これが自分の確かな気持ちだ」
そのように確信していく――

とはいえ、いくら私たちがみなさんの背中を押すお手伝いをするといっても
みなさんの問いに対し “安請け合い” を私たちがすることは絶対ありません。

例えば

「私、この人と結婚しても大丈夫ですか?」
「私、この仕事に転職しようと思うんですけど、うまくいくと思いますか?」
「彼と付き合うことをやめた方がいいんでしょうか?」


こんなとき、私たちカウンセラーは自分の個人的な思いを口にすることをグッとこらえ
『(自信を持って決断できないでいる)不安な気持ち』に寄り添い、応えていこうとします。
(当たり前ですよね(汗))

カウンセリングの主役、人生の主役はやはりその人(みなさん)自身ですので
人生における重要な選択や決定を行うのは、あくまでその主役(みなさん)であるということを忘れないようにしてください。


 (※)『人はなぜ、悩みを相談したくなるのか』過去掲載分
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/772

人はなぜ、悩みを相談したくなるのか(1/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

何か問題や悩みを抱えているとき
誰かに相談したい、話を聴いてもらいたいという気持ちになったことは
人生の中で一度や二度、必ず経験されたことがあると思います。

問題や悩みを抱えたとき、なぜ相談したくなるのか
そして、どのようにしてもらえたらうれしく感じるのか
いくつかのパターンが見られますので、順々に紹介していきたいと思います。

日本社会において人に何か相談したくなったとき、すぐさま
「カウンセリングを受けに行こう」という行為に至ることがなかなかないわけですが
もし皆様よりご用命ただいた際には、「相談したくなった」「話を聴いてもらいたくなった」という
皆様の気持ちを十二分に受け止め、誠心誠意向き合う次第です。
(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)


① 話を聴いてもらいたい
~とにかく、話を聴いてもらいたい 自分の気持ちを理解してもらいたい 受け入れてもらいたい~


とかく私たちは、自分の心に悩みや苦しみが蓄積すると、ほんの少しでもいいから
誰かに分かってもらいたくなる。話を聴いてもらいたくなります。
とはいえ、悩みは苦しみは、多くの場合、なかなか誰にでも話せるものではありません。

しかし、どうしていいか分からず悶々とするから、誰かに話を聴いてもらいたくて仕方なくなる。
そして、実際、自分の気持ちを確かめながら丁寧に耳を傾けてくれる人に話をすると
スーッと気持ちが軽くなっていくのが分かります。

そう。それまで1人で抱えていたものが、自分1人でないことが実感できて
また、1人で抱えてきた重荷を、何か少し肩代わりしてもらえたような気持ちになれて
心と身体が軽くなっていく――

疲れ切っていた自分に、少しずつエネルギーが戻ってくるのを実感できて
「これなら、なんとかやっていけそうだ」そんな気持ちになっていく――

実際、これがカウンセリングの持つ効果と言えます。

カウンセリングの世界において、カウンセラーがアドバイスをすることは基本的にタブーとされていますが、それは、クライエントさんの「自分の気持ちを理解してもらいたい」「受け入れてもらいたい」という思いに丁寧に耳を傾けることでその人の心の奥底にある “扉” が開き、その人の心の中にある(あった)答え(≒本当の気持ち)に気づくという 傾聴による効果のエッセンス が含まれているからです。

眠れぬ夜に〔♯18〕『食事を摂る』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯18〕

『食事を摂る(しょくじをとる)』とは・・・
『「惜しい」と思うこと』である。



〔解釈とヒント〕

「ところで皆さん、きのうの夜は何を食べましたか?」

そう聞かれて、なかなかすっと答えが出てこない人も
実は結構多いのではないでしょうか。

それくらい食事を摂ることはあたりまえで
無意識で行っている行動のひとつだと言えます。


身体をつくる(もしくは維持する)ために、また、栄養を補給するために
すべての生物が行う、この『食事』という行為。

しかしながら、この『食事』の際に、人間だけが行うことがあります。

それは『儀式』です。

文化や宗教によって多少異なりますが
ほとんどが(食べ物に)何らかの感謝の意を表してから食べ始めます。

日本人は特に丁寧で
合掌して「いただきます」と唱和し、同様に合掌して「ごちそうさま」と唱和します。


では、なぜ私たちはこのような『儀式』を行うのでしょうか?

食事をつくってくれた人への感謝もあれば
その食材をつくってくれた農家の人たちへの感謝もあるでしょう。

はたまた、神や自然への感謝というのもあると思います。


日本の場合、本来の「いただきます」は、一拝一拍手のあと
「たなつもの 百(もも)も木草も 天照す 日の大神の めぐみ得てこそ」
という和歌を詠むのが正式な作法といわれています。

まさに神事ですよね。

欧米のキリスト教徒も同じように、神にお祈りを捧げてから食事をするわけですが
ベースにあるのは、日本と同様、自然の恵み、とりわけ命をいただいているところにあると思います。

にもかかわらず、現代はあまりにも何も考えず機械的に食事をするところがあるので
天の恵みに対する最低限の礼儀として、「おいしい、おいしい」と言って食べる必要があると思います。


ここでひとつ、「おいしい」の語源について考えてみると・・・

「好ましい」とか「優れている」という意味を示す
「いし」が変化したものと言われていますが
この「いし」を「惜しい」と捉えてみてはいかがでしょうか。

口に入れたものを「おいしい」と感じるのは、ほんの一瞬です。

喉に入ってしまえば、もう味は分かりません。

だからこそ、その一瞬を惜しいという気持ち
これが「おいしい」ということの意味だと捉えるといいかもしれません。

そうすると、普段何気なく摂る食事であっても
もっとゆっくり、味わって食べたいと思うようになるのではないでしょうか。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

『こころのケア:統合医療セミナー』ご案内(2020/3/1 @名古屋)(再送)

みなさま、いつもありがとうございます。

当方が企画・設立に携わった一般社団法人『家族と心の研究所』と提携関係にある
統合医療『クリニック徳』の高橋徳先生主催によるセミナー
『第7回こころのケア:統合医療セミナー』が開催されます。

「統合医療」とは、西洋医学と東洋医学の長所を取り入れ、お互いの短所を補い合う医療のことです。

「こころのケア:統合医療セミナー」では、医師・カウンセラー・ヨーガ療法士・気功療法師、鍼灸師などが協力して、メンタルケアに当たります。
この国の心の病いの臨床を変革していくための、新しい試みです。

薬物治療のみに依存してしまっている現在の医療に不安を感じている方に、ご参加いただければと思っています。
また、みなさん一人ひとりが医師や薬頼みにせず、セルフケアの意識を持ち、薬漬け医療から脱却していただければと願っています。
スタッフが個々の方々に密接に向かい合うため、少人数制(定員10名)とさせていただきました。
定員になり次第、申し込み受付けを終了させて頂きます。


    ~ 記 ~

日時:2020年3月1日(日)
   10時~12時 座学・うつ病患者の体験談・気功
   13時~18時 ヨーガセラピー・マインドフルネス瞑想
           腹式呼吸・運動・散歩・フォローアップ
           セルフケアの指導/カウンセリング/鍼治療(希望者)
   18時~20時 懇親会(希望者)

場所:クリニック徳 http://clinic-toku.com/
   (名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル11階)
   (地下鉄伏見駅5番出口徒歩5分)

定員:10名

料金:8500円(税込)

お問い合わせ・申し込み:クリニック徳
            Tel 052-221-8881
            fax 052-221-8882
            kokoro.american@gmail.com
            https://forms.gle/K5dREaNprjLHctNN8

モノの価値について思う

みなさま、いつもありがとうございます。

この時季、季節もの(冬物)が大変安くなっていることもあって
先日、こたつ布団と布団の上掛けカバーを定価よりかなり安い値段で購入してきました。

それぞれ価格(税別)の変遷を見ると・・・

〔こたつ布団〕
4980円(定価) → 3980円 → 3000円 → 1500円
さらにカード会員割引(5%OFF)
最終的に1425円(71%OFF)で購入。

〔こたつ布団上掛けカバー〕
1980円(定価)→ 1500円 → 750円
結果、750円(62%)で購入。

「得をした!」とちょっとうれしい気持ちになった一方
“在庫品一掃” のため定価よりかなり低額で売られていたことに、少し寂しい気持ちになったというか
モノの価値について少し考えされられるような気分になりました。
(結構いい加減というか。少し見方を変えて、賢い消費者になる必要があるというか)

もちろん、モノの価値の尺度を『価格(お金)』のみで比較するのもよくないわけですが
自分にとって何を所有することが、また、何をすることが価値あることと思えるのか
(現在ご自身の手元にある所有物含め)今一度見直してみるのもいいかもしれません。

「自分を知る」ための問い〔♯49〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯49〕

最近大笑いした出来事は何ですか?


~答えを導き出すヒント~

2020年も1ヶ月近くが過ぎました。

年が明けたころ、よく『初○○』という言葉を耳にするわけですが
その中のひとつに『初笑い』という言葉があります。
(一昔前までは、新聞のテレビ欄にその言葉が随所に見られましたよね)

そんな『笑い』を今回の質問のテーマに。

残念ながら大人になると、1日の中で『笑う』という行為自体
実はあまりしていないのかもしれません。

そのため「大笑いした出来事を思い出せ」と言われても
何年前の話になるか、下手をすれば、何十年前の話になる・・・なんてことも。

とはいえ『笑う』という行為には、免疫力が上がって病気になりにくくなったり
周りの人を幸せな気持ちにするなど、たくさんのメリットがあるわけなので
思わず「クスッ」となった、「ニヤリ」としてしまった
そんな『笑い』のエピソードでもいいかもしれません。

また、笑ったことを思い出せないのであれば
普段から意識して『笑顔をつくる』ことから始めてみる必要があるかもしれませんね。

このほかにも、自分が誰といるときに笑顔でいられるか・・・
できることなら、愚痴や怒りを共有する相手より
笑顔を共有する相手といる時間を増やす工夫や努力をする必要があるように思えます。

おすすめのカフェ

みなさま、いつもありがとうございます。

おすすめのカフェの紹介です。

『yahito coffee』 (豊橋市牛川通)

私の故郷愛知県豊橋市。

市の東西を貫く『市電通り』の東田坂上交差点から北へ約2km。
地元小学校の春の遠足の定番、牛川遊歩公園(地元では「1km公園」と呼びます)の近くにある
yahito coffee(ヤヒトコーヒー)。

全部で12席ほどの小さいスペースではありますが、内装は抜群におしゃれで
入口横、大きな窓のカウンター席から眺める庭は、四季折々の表情をのぞかせてくれます。

コーヒーがおいしいのは言うまでもないのですが
ちょっとおすすめなのがコーヒーゼリー〔夏季限定〕。

(上から)ほろ苦いコーヒー、ほんのり甘いカフェオレ、ミルクの3層のゼリーの上に
アイスクリームが乗っており、見た目もかわいく鮮やかで
ついついSNSにあげたくなるような気持ちにさせてくれます。

また、自家焙煎されたコーヒー豆の店頭・ネット・卸売販売の他
ハンドドリップでいれたコーヒーのテイクアウトもされているので
カフェの席が埋まっていたとしても yahito coffee のおいしいコーヒーを楽しむことができます。

 ・・・先週末私も伺いましたが、すぐに席が埋まってしまうので
    早めの時間に行かれるといいと思います

何気ない午後のひととき
豊橋名物『豊橋カレーうどん』をいただいた後は、ぜひ、この yahito coffee で
おいしいコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか。

(ちょっと強引だったかな (笑) )


 ※『yahito coffee』HP = https://www.yahitocoffee.com/

  • Category:その他
  • Author:heartoffice-aoi

悩みはどのようにして解消されるのか

みなさま、いつもありがとうございます。

悩みはどのようにして解消されるのか、思いつくものを下記に挙げてみました。
(参考文献:『目からウロコのカウンセリング革命』 下園壮太著 日本評論社)

悩みの質や大きさ、また人によって何かしらの傾向があるのかもしれませんし
ご自身が過去経験した問題や悩みがどのようにして解消されたのか振り返ることで
・解決に向け、真摯に取り組んでいく必要があるのか(消していくのか)
・意識や考え方を変えることですむ話なのか(消えていくのか)
自分なりに(問題、悩みの)対処の仕方が見えてくるかもしれません。

〔対処〕
・問題が解決したとき         ・(相談するなどして)問題解決の糸口が見えとき

〔補助、共有〕
・誰かが助けてくれると感じたとき   ・人に理解してもらえたとき
・許してもらえると感じたとき     ・自分だけでの責任ではないことが分かったとき
・適切なアドバイスをもらえたとき   ・みんなも同じ悩みを持っていることが分かったとき

〔心の変化〕
・気分や考え方が分かったとき     ・どうでもいいと思えたとき
・なんとかなるさと感じたとき     ・自分に自信がもてたとき

〔意識の縮小、消滅〕
・時間がたったとき             ・つらい状況に慣れてきたとき
・もっとつらい状況が起こったとき      ・問題の原因が明らかになったとき
・何かに集中して忘れてしまっているうちに  ・恋愛などの楽しい時間をすごしているうちに
・問題だと思っていたことが実は問題でなかったとき   など