ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

カウンセラー・コーチに必要な “心の器”(1/3)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

直接お会いしたことはないのですが、私の尊敬するカウンセラーのひとりに
明治大学文学部教授の諸富祥彦さんという方がいらっしゃいます。
(諸富祥彦さん公式HP:https://morotomi.net/

その諸富さんの、とある著書の中の一項目に『カウンセラーの条件』というものがあり
(正式には『カウンセラーを目指すための条件』)かなり共感する部分がありましたので
諸富さんの言葉をお借りしつつ、きょうから3回にわたって紹介していきます。

当然、私自身も、これから紹介する『条件』を肝に銘じ
(以降、この条件を “心の器” と表現していきます)
皆様に対し誠心誠意向き合えるよう、自己鍛錬・自己研鑽に努めていく次第です。


① 本気で生きているかどうか

真摯に自分自身に向き合い、自分に正直に、かつ本気で生きていこうとするためには
悩みや傷つきは避けて通れることはできません。

・本気で仕事をしてきたからこそ、小さいと思える失敗でさえ大きく傷つき、自信をなくしてしまう
・本気で恋をしてきたからこそ、恋に破れたとき、喪失感に苛(さいな)まれ重く傷ついてしまう
・本気で夫婦生活に取り組んできたからこそ、意見のすれ違いや食い違いで悩み苦しんでしまう
・本気で生きてきたからこそ、思い悩み、ときに絶望し、ときに心の病気になってしまう etc…

適当なところで妥協したり、逃げ・甘え・わがままを活用して生きていくことができるのなら
大きな痛みや傷を抱えることもなく平平凡凡と過ごしていくことができるわけですが
それをしなくない(もしくは、できない)からこそ本気で生き、そして悩み苦しむことが多いようです。

もし仮に、カウンセラー・コーチが妥協の産物で、本気で生きていないとするとどうでしょうか?

おそらく、その空気感がすぐにクライエントさんに伝わり
「妥協して “なぁなぁ” で生きているような人に、私の気持ちを分かってもらえるはずがない」と
思われてしまうことと思います。

『クライエントの人生を取り扱う』という責任の重大さと、それに挑む覚悟を持つのはもちろんのこと
自分自身の心や抱えている問題と真正面から向き合い、ときに怒り、ときに嗚咽するくらい涙を流すなど
数多くの苦しい思いや自己成長を経て、やっとの思いで自分自身を『受容』できるようになったからこそ
カウンセラー・コーチとして貢献できるものだと考えております。

そのため、自身の社会に対する役割を十分把握し、1日1日を大切に『本気で生きている』ことこそが
カウンセラー・コーチにとって必要な第一条件と言えそうです。


(引用:『カウンセリングとは何か』 諸富祥彦著 誠信書房)

眠れぬ夜に〔♯26〕『1(いち)』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯26〕


『 1(いち)』とは・・・
『物事の全体』である。



〔解釈とヒント〕

きょう1日、みなさんはどのような数字に出会いましたか?

・500円のお弁当を買った人
・エレベーターで8階のボタンを押した人
・経理で百万単位の計算をした人 etc…

人は様々な場面で数字と関りを持つわけですが
とりわけ『1』という数字は、特別な意味をもっているような気がします。


『1』は『ひとつ』を意味するので
まるで物事の一部であるかのように思う方もいらっしゃるかもしれませんが
実はそうではありません。

物事の全体という場合だってあるのです。

例えば、ホールケーキを想像してみたとき
ホールケーキそのものは1つですが、8人で分ければ8つになります。
つまり、8分の1が8つ集まって『全体』になったものなのです。


こうした発想に役立つのが
オランダの哲学者、バールーフ・デ・スピノザ(1632-1677)による
「1にして全」という表現。

もう少し具体的に言うと
あらゆるものの存在が、神の部分である(汎神論)という考え方で
精神や自然そのものなど、すべてのものが神と考えたわけです。


このスピノザの世界観は
比較的日本人には受け入れやすいもののような気がしませんか?

日本人の多くは、一見無神論者であるかのように見えますが
八百万の神という考え方に象徴されるように
人々は自然のいたるところに神がやどっていることを信じているからです。
(「汎神論者」という言い方もできるわけです)

この巨木に神が宿っているといわれると
その目の前の1本の木が、まるで神様の象徴であるかのように感じることがあります。

この感覚は、日本人なら分かると思います。

1本。つまり数字の1が全体を表すのを感じる瞬間です。


もちろん、きょう過ごした『1日』というのも
単なる人生の1日ではありません。

1日1日がその人の人生のすべてでもあるわけです。


『一期一会』という言葉を思い浮かべば分かるように
今日しか出会わなかった人にとっては、今日のあなたがすべてなのです。

これは、明日の1日も同じこと。

だから全力で明日を生きるためにも
今日はちょっとぐっすり眠ってくださいね。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

カウンセリングの最中、カウンセラーが皆様に伝えるメッセージ(4/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

テーマとしてお送りしている『クライエントを勇気づけるためのメッセージ』 (下記参照)
本日は最後 『これからも応援するよ』のメッセージ  の具体例です。

いままでの自分を受け入れ、前に向かって進んでいこうと決断された
クライエントさんの背中を後押しする
意味が込められています。
(引用:『目からウロコのカウンセリング革命』 下園壮太著 日本評論社)

「よく決断したね」
「よくやってるね」
「君ならできるよ」
「ゴールはもうすぐだよ」
「ここはちょっとふんばりどころだよ」
「みんなもそうやって頑張っているよ」
「こういう考え方もあるよ」
「(もしやっていないのなら)こういう方法もあるよ」
「自分に負けたらダメだよ」


など。


以上、3つの大きな括りでお伝えしましたが、(専門的なカウンセリングに限らず)誰かにちょっとした相談を受けたときなどにも使えそうなメッセージがいくつかあったのではないでしょうか。

ただ、相手が必要以上に不安を抱えていたり、精神的にエネルギーを消耗してしまっている場合は
必ずしもこれらのメッセージが有効と限らないため、その部分の見極めは大変重要となってきます。


 『勇気づけるためのメッセージを伝える』URL
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/901

 (『カウンセラーが伝える重要なメッセージ』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/902
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/903

 

「自分を知る」ための問い〔♯57〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯57〕

あなたの人生ベストソング10曲をあげてください。


~答えを導き出すヒント~

若い人たちのあいだで、『昭和歌謡』がブームのようです。
(これ以外にも、一部海外では『シティポップ』が流行っているそうです)

いまの曲によくみられがちなメッセージ性や、“ありふれた” 応援ソングにはない
まるで一篇の小説、一本の映画を見ているかのような、情感あふれる詩の世界。

インパクトあるイントロやメロディーも、新鮮に聴こえるのかもしれません。

私自身も以前より『昭和歌謡』や『シティポップ』が好きで
Youtubeで観て聴いたり、カラオケで歌って楽しんでいるのですが
ジャンル問わず、『音楽』という存在そのものが
私たちが生きていくうえで切っても切り離せない関係であるのは、いまさら言うまでもありません。

そのため、きょうの質問はシンプルに『人生のベストソング10』

“あのころ” を思い出させてくれる曲
大切な人との思い出の曲
元気や勇気をくれる曲
「もう一度頑張ろう」と思わせてくれる曲
いまの自分の気持ちや感情にフィットする曲・・・

よくよく考えてみれば、なにも10曲に絞り込む必要なないですよね(笑)

カウンセリングの最中、カウンセラーが皆様に伝えるメッセージ(3/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

テーマとしてお送りしている『クライエントを勇気づけるためのメッセージ』(下記参照)
本日はその2つめ『ちゃんと守ってあげるよ』のメッセージ の具体例です。

クライエントさんのいままでの行動を認め、ねぎらいを示したあとは
「このままでいいんだ」「ここにいてもいいんだ」「私一人じゃないんだ」といった
クライエントさんの安心感につながるメッセージを送る 必要があります。
(引用:『目からウロコのカウンセリング革命』下園壮太著 日本評論社)

「思ったことを口にしていいんだよ」
「弱音吐いてもいいよ」
「泣いてもいいよ」
「ちっともダメなんかじゃないよ」
「君一人のせいじゃないよ」
「君一人じゃないよ(一緒に戦おう)」
「ぼくが守ってあげるよ」
「ぼくが代わりにやってあげるよ」


など。


勇気づけるためのメッセージ、最後のひとつ・・・
あす紹介します。


 『勇気づけるためのメッセージを伝える』URL
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/901

 (『カウンセラーが皆様に伝えるメッセージ』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/902

カウンセリングの最中、カウンセラーが皆様に伝えるメッセージ(2/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

前回、カウンセラーが皆様に接する際『3つの態度条件をもって接する』こと以外に
カウンセリングの最中に『勇気づけるためのメッセージを伝える』ことについて書きました。(下記参照)

本日はその中のひとつめ『いままでがんばってきたね』のメッセージ の具体例です。
クライエントさんのいままでの行動を認め、ねぎらうことを最初にする 必要があります。
(参考文献:『目からウロコのカウンセリング革命』下園壮太著 日本評論社)

「いままでよくがんばってきたね」
「大変だったね」
「苦しかったね」
「すごいじゃないか」
「うまくやっているよ」
「今のままで十分いいよ」
「変わらなくてもいいよ」
「完全にできなくてもいいんだよ」
「そうなってしまうのも普通だよ」
「そうなってしまったのも無理はないよ」


など。


勇気づけるためのメッセージの残り2つ・・・
あす、あさってと紹介していきます。


 『勇気づけるためのメッセージを伝える』URL
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/901

カウンセリングの最中、カウンセラーが皆様に伝えるメッセージ(1/4)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

カウンセリングを行う際、カウンセラーが大切にしていることとして
『3つの態度条件(※)』をもって接する というのを以前テーマにしたことがありますが
実際にカウンセリングを行ってお話を伺う際、もうひとつ重要なことがあり、それは
カウンセラーがクライエントさんに対して『勇気づけるためのメッセージを伝える』ことです。
(参考文献:『目からウロコのカウンセリング革命』下園壮太著 日本評論社)

また、この『勇気づけるためのメッセージ』は、クライエントさんの心境変化によって
 ①『いままでがんばってきたね』のメッセージ
 ②『ちゃんと守ってあげるよ』のメッセージ
 ③『これからも応援するよのメッセージ

の大きく3つに分けることができます。


それぞれのメッセージ・・・
具体的にどんな言葉があてはまるのでしょうか。

次回以降に紹介していきます。


 (※:3つの態度条件)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/899
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/900
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/901
 

眠れぬ夜に〔♯25〕『球体』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯25〕


『球体(きゅうたい)』とは・・・
『裏側への興味をかきたてるもの』である。



〔解釈とヒント〕

球体のような “まるいもの” って
親しみが持てたり、ちょっと心が和むようなところがあると思います。

そのひとつに、太陽や地球、月といった、いわば “自然の根源” が
まるい形をしているからなのだと思います。


私の小さい頃の話で恐縮ですが
地球儀を見るのがものすごく好きでした。

世界全体に国がどのくらいあって、それぞれの国や大陸がどのような形をしているのか
という興味はもちろんのこと
地球儀が北極と南極とを軸に『回転する』ところが好きでした。


自分が地球儀を回すことによって
「日本が昼なら、ヨーロッパは夜になるのかな?」
なんてイメージを子ども心に膨らませてみたり。

日本を目の前にしたとき、裏側のヨーロッパが気になり
ヨーロッパを目の前にしたとき、裏側の日本が気になり

その繰り返し・・・


なにもこれば、地球儀に限らず
すべての球体は一度に見ることができません。

だから常に裏側がどうなっているか気になるわけですし
『回転する』ことを前提にしているのかもしれません。

その意味で球体は、人に対して
裏側への興味をかきたてる存在ということができるように思えます。

子どもがボールを動かして裏側を見ようとするように
つい、球体の裏側をのぞき込もうとするものです。


哲学者のプラトンは
「目の前にある物事は、そのも物事の本質であるものの影に過ぎない」
といったことがあります。

もしかしたら私たちは
球体の裏側に「何かの本質のようなものが見える」と思って
のぞき込んでいるのかもしれません。

そういった意味で、球体とは
「裏側にある物事の本質への興味を掻き立てる存在」だと言えるでしょう。


こんなことを書いている間に
谷川俊太郎さんの『朝のリレー』という詩を思い出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カムチャッカの若者がきりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が微笑みながら寝返りをうつとき
ローマの少年は柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球でいつもどこがで始まっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交換で地球を守る
眠る前のひととき耳を澄ますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴っている
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受け止めた証拠なのだ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の住んている、日本というステキな国の裏側に住んでいる人たちが
幸せに暮らしていることを願って・・・


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

「自分を知る」ための問い〔♯56〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔♯56〕

あなたにもし『自信』と『勇気』があったとしたら
どんなことができていて、今の人生とどのように違っていると思いますか?



~答えを導き出すヒント~

人生思い通りにいかないもの。
つい「もし、自分が○○だったら、△△なのに」と思うことがあると思います。

身近なところでいくと
「もうすこし若かったら/時間があったら、△△したのに」
「もうすこしお金があったら、△△を買うのに/こんな生活ができるのに」
「もしいまより○kg痩せていたなら、この洋服着られるのに」
など。

また、若い人の中には
「もし自分がイケメン(美人)だったら、ステキな出会いがあったり、恋ができるかもしれないのに」
なんて思うこともあるかもしれまません。


とはいえ、非現実的な『たら・れば』を考えたとしても意味がないため
現実的な『たら・れば』に絞って思いつくものといえば、きょうの質問にあげた『自信』と『勇気』。

特に若いころになると思いますが(若い方はいま現在その真っ只中かもしれませんが)
『自信』と『勇気』がなかった(足りなかった)ことによって
得られなかったこと・ものもきっとあると思います。
(学生時代の大好きだった人への告白なんていうのも・・・)

ただ、ここで大事なのは
過去、『自信』や『勇気』がなかったから得られなかったといって
(いま現状、『自信』や『勇気』がないからといって)あきらめてしまうのではなく
少しでも “理想の自分” に近づくためには、何をする必要があるのか
ある程度逆算して考える必要があると思います。

人生一度きり。
少しでも理想の自分に近づけるために、何が必要か。。。

たとえ自分に『自信』や『勇気』がなかったとしても
その必要なものを得るためにいまできること、少し時間をとって考えてみてはいかがでしょうか。

カウンセリング提供の際、カウンセラーに備わっておくべき条件(3/3)

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

前回に引き続き、クライエントさん自身が自分の力で成長するために、カウンセラーがクライエントさんに接する際に示す『3つの態度条件(※)きょうが最後です。
(引用:『ほんものの傾聴を学ぶ』 諸富祥彦著 誠信書房)


③ 自己一致

我々カウンセラーは自分のこころを無にした状態で、クライエントのこころのひだに丁寧に耳を傾けていくと同時に、カウンセラー自身のこころの深いところから発せられる声や衝動、イメージなどに繊細な意識を向けていき、そこで得られた理解を何度も響かせながらクライエントと『ともに進んでいく』姿勢を大切にしています。

Ⅰ.カウンセラーがクライエントの話をきいて『感じたこと』や『意識したこと』
Ⅱ.これをクライエントに『伝えること』や『表現すること』

(そして、この(Ⅰ→Ⅱの)流れが『自然であること』)

カウンセラーがこの姿勢を示すことで、クライエントは安心感にもつながり、(時間の早い遅いはあるものの)クライエント自身のこころの内側に入って行くことができるようになります。

我々カウンセラーにとって、この『自己一致』をしっかりできるかどうかが
皆様にとって有益となるカウンセリングを提供する一番のカギとなります。


 (※:『3つの態度条件』過去掲載分)
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/899
 http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/900