ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

気前のいいひと〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

人や物に対し、おごったり与えたりすることを
『気前がいい』なんて言い方をしますよね。

この『気前がいい』とは
文字どおり、『気が前に出ている』ことになります。


また、自分の興味にあるものに目がいっているとき
身体は『前のめり』になっています。

つまり、これもある意味『気が前に出ている』ことになります。


このように、人や物に何かを与えることと
自分の興味の注ぐものに目を向けることが同じと考えた場合
『自分らしく生きる』こととは
決して自分本位で物事を考えることではなく
(もちろん、それも大事ですが)
いかに周りの人や物に “与えられるか” が重要となってくると考えられます。

つまりは、見返りなき『他者貢献』


そうった意味では、自分の気を『前に出す』ためには
どんな小さなことでもいいので、『与えられる』存在になる必要がありそうです。

買い物に行った際、レジでおつりを募金するもよし。
電車の中で、席を譲るのもよし。
「お先にどうぞ」の気遣い運転するのもよし。
知り合いや職場の同僚に、出かけた先のちょっとしたプレゼントをするのもよし。


小さな他者貢献を重ねていくことで
おのずと『自分らしさ』とはどういうことなのか
分かってくるような気がすると感じる今日このごろ。

さあ、今日は、誰にどんなことができるだろうか。

そう考えると、今後の自分に対し
ちょっとワクワクすることもできると思います。


さて、みなさんは、誰にどのようなことができそうですか?
 

ダイエットを成功させるにはどうすればいいか

みなさま、いつもありがとうございます。

前回「なぜ多くの人はダイエットができないのか」というテーマを書き
その理由について私見を述べてまいりましたが
(該当URL: http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/634 )
それでもなお、「ダイエットに成功してスリムな身体を手に入れたい!」と願う人たちにとって
ダイエットを成功させるためには、一体どうすればいいのでしょうか?


何か特別なことをするよりは、余計な飲食を摂らないという点に特化した場合
心理学的知見からダイエットに成功する方法を挙げるとするなら

『空腹感』を楽しめるようにする

ことに尽きると思います。


身体的側面で見た場合、『空腹感』と『ストレス』は密接な関係にあるわけですが
(ともに脈拍や心拍数が多くなったり、アドレナリンが分泌されることによって生じる)
空腹だからストレスなのか、ストレスだから空腹に感じるのか
(同様に「口が ”さみしく” 感じる」のは、空腹によるものなのかストレスによるものなのか)
そこまでの意識が働いていないという方がほとんどではないでしょうか。

そのため ”ほんとうに” お腹がすいているのか
それとも ストレス・怒り・疲れなどの『渇望感』による空腹なのか
自分自身の身体をよく観察する必要がありそうです。


特に後者(『渇望感』による空腹)の場合、身体をよくよく観察してみると
確かに、いろいろなことに頭を働かせすぎて(脳を使いすぎて)少し気力の失せた感覚はあるものの
体そのものが動かないかといえば、決してそうではない・・・
(脳の血糖値が下がっているかもしれないが、カロリーを消費しているわけではない)
   ↓↓
  アメなど軽く舐めれば空腹感が収まったりする


ということになりますし、そのほかにも
「もうこんな時間になっちゃったから、何か食べておかないと」とか
「ここで何かを食べておかないと、大事な時にお腹がすいてしまうのでは」といった焦りや不安感も
『渇望感』による空腹( ”ほんものの” 空腹ではない)のひとつに挙げられると思います。


よって、「お腹がすいた」「口がさみしい」と感じた場合
まずは自身の身体感覚と感情を ”切り離してみる” 必要がある。
( 「お腹がグゥーとなる」純粋な空腹感か、『渇望感』によるニセモノの空腹感かを見極める必要がある)
   ↓↓
  『断食』の本来の意図は、空腹感を通じて自分自身の心を見つめることにありますよね。


身体感覚と感情を切り離すことによって
純粋な空腹感(お腹がなり、胃から腸へ空気が押し出されている感覚を感じ取ること)を楽しめるようになると
自分にとって ”ほんとうに” 必要な食事の量や身体の欲するものが感覚的に分かるようになり、また
心身とも健康な身体を手に入れることができ、結果、おのずとダイエットが成功するのだと思います。

なぜ多くの人はダイエットができないのか

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜にテレビをつけたとき、よく目にするのが『通販番組』

美容グッズ、家事便利グッズ、睡眠グッズ等、さまざまなジャンルの商品が並ぶなか
とりわけよく目にするのが、『ダイエット関連グッズ』

サプリメントしかり、健康器具しかり、高周波によって筋肉を強制的に動かす商品しかり・・・

それだけ多くの人がダイエットに関心を示し、需要のあることが番組から伺い知ることができます。


人がダイエットに関心を持ち、それらの商品をつい購入してしまうのには
「ダイエットしたい」「ダイエットしても続かない」という気持ちがあるからこそなのですが
なぜ多くの人は、そのように感じてしまうのでしょうか・・・?


『ダイエットに成功し、スリムになった自分』と『「ダイエットしたい」と思う自分』
どちらが自分にとって ”心地いいか” 考えた場合、圧倒的に

『ダイエットに成功してスリムになった自分』よりも
『「ダイエットしたい」と〔思っている/頑張ろうとしている〕自分』が好き


だからだと思います。


もし仮に、目標を達成した(スリムな身体を手に入れた)とすると、どうなるか・・・

かえって無気力になったり、「自分を見失ってしまうのではないか」という怖れみたいなものを
うすうす感じている部分があるような気がします。

もちろん「着たかった服が着られるようになる」といった喜びもあるわけですが
そういった喜びは、あくまで一過性のものにすぎません。

(目標・理想・憧れみたいなものを夢見る ”心地よさ” って、ありますよね。妄想や空想しかり)

また、そのほかにも、ダイエットに興味がある人がとても多いわけですから
(美容含め、”ダイエットつながり” で友人になっているという方もいらっしゃるのでは)
極端な話、その人たちとのつながり(※)が絶ってしまう可能性もあると思います。

 ※その人たちとのつながりが、のちに書く『向上心』を持つ者同士のつながりなのか
  単なる『ぬるま湯』のつながりかによっても少し変わってくるわけですが・・・


食事を摂る際、そういった人たちと一緒に
「ダイエットは明日からにしよう!」と楽しく談笑しながら食事をした方が
圧倒的においしく感じるというのは、なんとなく想像できるのではないでしょうか。

だから、永遠に ”成功しない” ・・・


また少し別の言い方をすると、ダイエットというものが 夢や理想を持ち続けるためのツール であり
『向上心』を生むための役割 として存在すること。

ビジネスでいうところの『自己啓発』に似た感覚があり
現状に満足してしまって思考が ”空白になる” のが怖いからこそ 
自分の理想とする姿をダイエットというものを通じて持ち続けているのだと思います。

(そもそも、本気で痩せたいと思ってないのですから、できるわけないですよね・・・)


・・・と、好き勝手書いてまいりましたが
それでもなお、「ダイエットに成功してスリムな身体を手に入れたい!」という方。

どうすればダイエットに成功するのでしょうか?


また次回、書いてみたいと思います。

眠れぬ夜に〔♯10〕『寿命』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔#10〕

『寿命(じゅみょう)』とは・・・
『自分に課せられた使命』である。



〔解釈とヒント〕

眠りにつく際、ふと、自分の寿命が尽きることを考え
「このまま眠りについたら、死んでしまうのかもしれない」
と考えたことはありませんか?

ちなみに、日本の平均寿命は
男性で81.09歳、女性で87.26歳。
(『平成29年簡易生命表』厚生労働省)

世界的に長寿と言われているわけですが、逆に言うと
人はせいぜい、それくらいしか生きられないということができます。


寿命は人生の終わりを意味するわけですが
なぜ、『寿』というおもでたい漢字がつかわれているのでしょうか?

それは、『寿命』が祝うべきもの として考えられていることになります。

(命を讃えているという言い方もできると思います)


地球の歴史において、人ひとりの寿命はほんの一瞬ですが
1人の人間の命は、それまでの多くの人間の命とつながっており
これからの多くの命とつながっていくことになります。

古くは平安時代から、もっと先の石器時代から・・・

いわば、その “命のリレー” において
自分が走りぬくべき区間を懸命に走りぬいた。

『寿命を祝う』ということは、その使命を果たしたことの称賛を意味する

ことになります。


地球全体から見れば、ひいては、宇宙から見れば
どの命も同じようなものに見えるかもしれませんが
一時(いっとき)として同じ命は存在せず
一人ひとりが全く異なる存在でそれぞれの使命を果たしていることになります。

(各々の使命を果たすべき『細胞』のようなものかもしれませんね)


そう。

毎日同じような日々が繰り返されているようで
同じ日は二度とやってこない・・・

もちろん、明日も。

だからこそ、もっと大切に生きていく必要があるように思えてなりません。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

不公平さを感じる人たちへ〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

悩みやストレスを抱えてしまうもののひとつに人間関係があるわけですが
その中でも、自分と他の人とを比べたときに感じる『不公平感』は
その最たるもののひとつになっているかもしれません。

また、何もこれは、自分の身の回りにいる人と比べての不公平感だけでなく
自分にまったく縁もゆかりもない人、つまり

「家が金持ちだから不公平」だとか
「大企業に勤めているから不公平」だとか
「上司に気に入られているから不公平」だとか

挙げれば、キリがありません。


でも、ちょっと考えてみればわかることですが
世界のどこに行っても、どこまで頑張ってみても
人間社会が公平であることは、まずあり得ません。

というのは、人間が持つ感情こそが
(好き嫌いといった、ある意味 ”不公平な” 感情)
社会を大きくしたというか、人類を進化させた要因にもなってたりしますよね、実は。

一例をあげてみると・・・

「あいつを蹴落として一獲千金を得たい」とか
「大好きなあの人を振り向かせたい」とか
「大嫌いなあいつをギャフンと言わせたい」など

こういった感情、欲望が、ある種『向上心』にもつながっていたりします。


ただ、ここで忘れてはいけないと思うことがひとつ。

それは

あなたが誰かを不公平に思っているだけ、誰かがあなたのことを不公平に思っている
(誰かに不公平にされただけ、知らず知らずのうちに誰かを不公平にしている)

可能性があるということ。


そしてまた
不公平にされた数に不公平にした数を差し引くと、おそらく、0(ゼロ)になるはず。

なので、「不公平だ」と嘆きたくなったら、それをちょっと我慢して
もっと大切な何かに目を向けてみる必要がありそうです。

愛の周波数528Hz(その2)〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

前回のコラムにて『528Hzは愛の周波数』と紹介しましたが
きょうはそれについて詳しく。
(該当URL:http://www.heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/625 )    


なぜ528Hzがいいと言われているか・・・それは
『自分自身が思う理想への転換、奇跡、DNAの修復をもたらす』効果がある
とされているからです。

(こんなふうに書くと、ちょっと宗教っぽくてあやしいと感じるかもしれませんが)


もう少し詳しく書くと・・・

2つの塩基が二重の螺旋状となって構成されているDNA。
この塩基2つとも破壊され、死んでしまうことによって生物の『老化』が起こるわけですが
(塩基1つだけの破壊は、もうひとつの塩基によって修復される)
528hzの周波数は、この両方破壊されたものが修復されるという実験検証が得られていて
海外の医療の現場では、この528Hzの周波数を治療の一環として活用され始めているとのこと。

(なぜ日本では浸透しないのか…とある業界の圧力がある(?))

うつ病やパニック障害などの精神疾患からガンなどの肉体疾患まで
幅広くその効果が認められ始めているらしいです。


YouTubeなどにもたくさんアップされている中
実際にそれらが ”ほんとうに” 528hzの周波数で奏でられているかどうかは確かめられないので
ちょっと微妙なところがあるわけですが
もし、日ごろから疲れのようなものを感じていたり、どこか身体で気にかかる箇所があるような場合
これらの中から、自分にあった、心地よいと感じるものを聴く習慣をつけるといいと思います。

愛の周波数528Hz(その1)〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

日常生活において、人との会話、テレビや音楽など
意識的に耳を傾ける(聴く)音もあれば
車の走る音、鳥の鳴き声など、自然に入ってくる(聞く)音もあります。

昨今はこの『音』に関する研究も進んできて
人間が不快に感じたり、心地よいと感じたりする音の周波数が脳波の研究などで分かってきており
中でも人間が心地よいとされるのが『1/fのゆらぎ』や『ソルフェジオ周波数』といったもの。

では、その『ソルフェジオ周波数』は何なのかというと
いわゆる「ドレミファソラシド」の音階を作る際は
基準となる音(たいてい「ラ」の音)をもとに音をつくっていくわけですが
その基準となる周波数が『ソルフェジオ周波数』
(つまり、この周波数の設定によって、「ドレミファソラシド」の音も微妙に異なる)

そして、いろいろな『ソルフェジオ周波数』の中で
最もよいとされるのが『528Hz』の周波数とされています。
(別名『愛の周波数』という)


きょう、5月28日の ”語呂合わせ的な意味合い” でこのテーマにしたわけですが
また明日、その『愛の周波数』なるものについて詳しく書いていきたいと思います。

「自分を知る」ための問い〔♯41〕

みなさま、いつもありがとうございます。

「自分を知る」ための問い〔#41〕

やる気が出ないときはどうしていますか?


~答えを導き出すヒント~

毎年5月、GW休みが終わったころ、巷でチラチラ聞かれる『五月病』ということば。
病的な症状はなくても「なんとなくやる気がでない・・・」そう感じている方も多いと思います。

ただ問題は、その「やる気が出ない」という気持ちが、どの程度のものなのか・・・

ご自身の中で、もともとストレスがたまりやすいと感じるもの(ex 仕事、家事 etc… )にやる気が出ないのであればまだ救いようがあるのですが、自分の好きなことや関心のあるものにもやる気がなくなってしまうようであれば、何らかの対策が必要となってくると思います。


では、どういった対策がいいのでしょうか?

これは、心理職として活動している私が ”たどり着いた” 結論のひとつですが
『こころ(気、当然「やる気」も含む)』と『からだ』は一心同体なので
やる気を出すためには、『からだ』を100%の状態に持っていく ことが
一番 ”手っ取り早い” 方法のひとつと考えています。
(『からだ』を100%の状態にすることで『こころ』の状態を引き上げるイメージ)

仕事や家事等、毎日同じような行為をすることにしても
また、何かちょっとしたハプニングがあったときに対応することにしても
ご自身の体調のいいときとそうでないときで、取り組み方や受け取り方に違いがあることは
なんとなくではあっても、経験として思い当たる節があるのではないでしょうか。

そういった意味では、食事・睡眠・安息時の過ごし方など見直してみて
生活リズムが整っているか一度ご自身で見直してみる必要があるかもしれません。


また、それ以外に
過去、ご自身にそんなときにやる気が出たのか、そのシチュエーションを思い出してみるというのも、ひとつの手。

『やる気』が出てくる、よくある場面に

・(進学、資格取得など)明確な目標に向かおうとしている
・(部活動、文化祭発表など)多くの仲間とともにひとつのものに取り組もうとしている

などがあるわけですが
(皆様にも、このような経験を一度や二度はされたことがあるのでは?)
現在の「やる気が出ない」状況にリンクできる(もしくは、利用できそうな)要素はないか
一度、丁寧に思い返してみるのもいいかもしれませんね。

バウンズバック〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

プロ野球が開幕して2ヶ月弱。

セ・リーグでは、リーグ3連覇中の広島東洋カープが
ついに、2位巨人と0.5ゲーム差の単独首位に浮上しました。
(25勝18敗1分(5/22現在))

最大で8あった借金(4勝12敗)を、4月中に5割に戻し
5月を迎え、貯金を重ねていくという、見事なまでの驚異的な勝ち方!

にもかかわらず、エラーの数はセ・リーグでトップ。
(37個。リーグ最少の中日ドラゴンズ(16個)の倍以上)

「野球はミスをした方が負け」という言葉をよく耳にしますし
実際、過去の成績からいっても、守備力と順位がおおむね正の相関関係にあるわけですが
なぜ、リーグ最大の失策数をほこる広島東洋カープが首位なのでしょうか?


細かく見ていけば、エラーが失点に結び付いていないなど、ちゃんとした理由があるわけですが
数字に表れていない特徴として挙げられるのに、『バウンズバック』というのがあります。


では、その『バウンズバック』は何か?

簡単に言うと『跳ね返す』という意味。

本来はゴルフで用いられる言葉で
ボギーか、それより悪いスコアで上がったホールの直後のホールで
バーディーかそれよりいいスコアをマークすることをいいいます。


つまり、いまのカープには、たとえ試合でミスをしてしまっても
『跳ね返す力』『取り返す力』があるということ。

30歳前後の、一番力を発揮できるといわれている選手がたくさんいるとともに
目下リーグ3連覇中で、”勝ち方を知っている” チームなので
「本来の自分たちの野球をすれば勝てる」という強い思いのもと
のびのび試合ができているイメージがあります。

(「波の引き寄せ方が上手」という感じでしょうか・・・)


自分たちの生活に当てはめてみても分かるように
まったくミスをしないで日々生活するというのは、ちょっと難しい・・・

大切なのは、ミスをした後
どのように取り戻したり、よりよい状態に持っていくか。

広島東洋カープの試合や選手の姿を見て
ちょっと “勉強してみる” のも面白いかもしれませんね。


さて、私の応援しているチームはというと・・・ (以下略)

眠れぬ夜に〔♯9〕『自己啓発』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔#9〕

『自己啓発(じこけいはつ)』とは・・・
『大局に物事を見る訓練』である。



〔解釈とヒント〕

先行き不安定で、終身雇用もままならなくなったこの時代。

パソコン、英会話、各種資格取得のための勉強等
眠れない夜に『自己啓発』をしているという方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、本来の『自己啓発』というのは
今日使われているような即物的なものではなく
自身の頭の中でじっくり考えて答えを導くことを言うようです。

ちなみに、『自己啓発』を英語では『enlightnment』と言い
「暗い部分を光で照らすこと」ということになります。

(ここでいう『暗い部分』とは、自分の分かっていない・知らないことを指す)


知らないこと、気づいていないことを知るというのは
人間にとってとっても大きな意味を持ち
それを知らないまま過ごしていくことはよくないことだということになります。

(無知で恥ずかしい経験をしてしまったという方もいらっしゃるのでは)


たとえば、今の時代、男女平等があたりまえの世の中になりましたが
そのことを知らない男性が女性に対し、家来のような扱い方をしていたら、どうでしょうか?

きっと周囲の人は不快に思うでしょうし
ひいては、差別的発言をしたり人権侵害になるような扱いをしたりと
トラブルばかり起こす人物になってしまうかもしれません。
(法に触れて警察沙汰なんてことも・・・)


つまり、大人になって『社会の一員』として生活していくためには
「知らなかった」で済まされるわけにはいかず
「できるだけ知っておく必要がある」ことになります。

さきほどの『暗い部分』を例にあげると
光の当たっていない場所(自分の分かっていない・知らないこと)に気づくには
一歩引いて全体を見る(大局に見る)必要があり、端的に言うと

『自己啓発』=『大局的に物事を見る訓練をすること』

になります。


ちなみに、啓蒙主義の思想家である福沢諭吉(1835-1901)は
著書『学問のすゝめ』の中で
「疑いの世界に真理多し」という言葉を残しています。

つまり、大局的に物事を見るためには
目の前にあるもっともらしいことを『疑う』ことから始めるといいのかもしれません。

もちろん、疑いすぎるのもよくないですが
素直すぎて視野が狭いままだったなんでこともあったりしますので
一歩引いて、全体が見れるような・・・
(高いところから、俯瞰して見れるような・・・)
そんな訓練を日ごろからしておくことが、確かに必要なのかもしれませんね。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)