ハートオフィス・あおい

NEWS RELEASE 新着情報

眠れぬ夜に〔♯2〕『怒り』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ〔♯2〕

『怒り(いかり)』とは・・・
『真剣に主張すること』ことである。




イライラ、ムシャクシャしてどうしようもないとき
どうやってそれを解消すればいいでしょうか・・・

日頃からイライラを解消する “訓練” をしている人ならともかく
怒りはそう簡単に抑えることができるものではありません。

ならば、いっそのこと
「怒ることに徹底してみましょう!」
というと、急に困ってしまう人も多いかもしれませんね。

イライラ、ムシャクシャはするけれど
人前で怒るのは躊躇してしまう・・・というように。


もともと日本人は怒るのが苦手です。
おとなしい民族で、議論することも少ないです。

国際的な交渉がそうであるように
日常会話でさえケンカに聞こえる中国人や
自己主張の国、アメリカの人たちと対等に交渉するためには
彼らと同じように “怒らなければ” いけないわけですが
それができないため、結果的に押し切られてしまっています。


では、なぜ日本人は怒ることが苦手なのでしょうか?

それは、日本の哲学者、三木清(1897-1945)が書いた
『人生論ノート』の中に一部ヒントが隠されているのですが
『怒り』と『憎しみ』が混同して捉えられている ことにあります。

確かに・・・

『憎しみ』は負の感情しかありませんが
本来、『怒り』は 正のエネルギーを秘めた感情 なのです。

つまり

言うべきことを訴えるために
言葉に力をこめ、相手の目を見据える・・・


これこそが本来の『怒り』

(相手を打ち負かすための怒りは、単なる憎しみにすぎません)


そこでポイントとなってくるのが
「怒りをどのようにして伝えるか」です。

怒りが “正のエネルギー” であることを上手に表現する。

そのためには、相手が理解しやすいよう
感情をむき出しにしないのはもちろんのこと
毅然とした態度で、かつ論理的に話す必要があります。


さあ、この文章を読んで、どのように感じましたか?

もし、このことがご理解いただけたのなら
明日からちょっと “自信をもって” 怒ってみませんか?


もちろん、無理に怒らなくていいですけどね。

ただ、ちゃんと意識的して相手の目を見て
自分の意見を言うことができたとしたら
ものすごく自分に自信がつくような気がします。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

あなたが生まれてきた意味 ~人生のmission~ を知る(8/9)

みなさま、いつもありがとうございます。

以前よりお送りしているテーマ
「あなたが生まれてきた意味 ~人生のmission~ を知る」

いくつかの課程(※)を踏まえ、経験することによって得られるであろう
『あなたがこの世に生まれてきた “ほんとうの” 意味』

きょうはその8つめです。
(引用:『魂のミッション ~あなたが生まれてきた意味~ 』 諸富祥彦著 こう書房)


================================

人が「私はこの人生を生きることに “なっていたのだ” !」と<魂のミッション>に目覚めるとき
そのみずからの人生の<暗黙の使命>への目覚め(アウェアネス)は
半ば、 “新たなものを発見する” という仕方で
また半ば、心の深いところで“以前から知っていた何かを思いだす”という仕方でなされていく。

「自分の人生が何であり、何をするためのものであったのか」という人生で最も重要な気づきは
半ば、新たな何かの「発見」として
また半ば、かつてから知っていたことの「想起」といて生じるものである。


================================


『あなたが生まれてきた意味を知る』URL
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1051

(※:『人生のmissionを知る課程』過去掲載分)
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1069
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1088
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1110
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1129
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1147
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1168
http://heartoffice-aoi.com/index.php/news/archives/1189

二月の異名

みなさま、いつもありがとうございます。

まだまだ寒い日が続きますよね。
私だけかもしれませんが、この冬、特に寒く感じるような気がします。

ちなみに、きょうは立春。

以前よりも日差しが暖かく感じられるように
春を感じられる部分がこれから少しずつ増えてくるようになるのではないでしょうか。。


ちなみに、2月の異名の代表的なものは『如月(きさらぎ)』

如月の『如』の字には「万物が神意に従うように現れ出る」の意味があり
自然がいきいきと動き始める様子を『如』の字にあてたとされるようです。

同じように、この如月以外にも
2月は、春の喜びを感じさせるものが多いようです。

・木の芽月(このめづき)
・雪消月(ゆきぎえづき・ゆきげづき)
・恵風(けいふう)
・花朝(かちょう)
・梅見月(うめみづき) など

そして、もうひとつあるのが、『令月(れいげつ)』

『令月』とは、「何をするにもよい月、めでたい月」という意味があるそう。

 万葉集にある「初春の令月にして気淑(よ)く風和らぎ~」という一節から
『令和』の元号がつけられたことは、記憶に新しいことと思います。

気温こそ低いものの、春の兆しが見え始める頃でもあるこの時季・・・

令和の令月が、よい月になるといいですね。

自然の摂理

みなさま、いつもありがとうございます。

生き物の世界において
一般的に『弱い』とされている生き物ほど
できるだけ多くの卵を産む傾向にあるわけですが
(マンボウは1度の産卵で3億個とも)

いうまでもなくそれは
そのほとんどか自分より強いものに食べられてしまうので
母数を増やして子孫を残す確率を少しでも上げるためです。

おそらく、それはウイルスの世界も同じで
自分が『弱い』と “自覚” しているからこそ
多くの人・他の生物などに “感染してもらって”
生き残ろうとしている・・・に、違いないのでは⁉

そう。

『感染力が強い』=『生命体として弱い』
が自然の摂理。


それはさておき
『多くの卵』でふと思いついたのが鮭の、鮭の卵であるイクラ。。

なんだかおいしいイクラ丼が食べたくなってきました(笑)

時間とお金を “つくる”〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

きょうから2月。
2022年が始まって1ヶ月が経ちました。

遅ればせながら・・・
今年の目標というわけではないですが
今年、特に大切にしていこうと思ったことです。

・やるべきこと、ほんとうにやりたいことでない限り、やらない。
・必要なもの、ほんとうに欲しいもの・好きなものでない限り
 買わない。使わない。手元に置いておかない。
・会うべき人、ほんとうに会いたい人でない限り、会わない。会う約束をしない。
・お腹がすく
、もしくは身体が欲する限り、食べない、飲まない。

改めて見直すと
「欲を捨てた」ようにも捉えられるので(実際にそうですが)
見方によっては、「つまらない人生」とか、なんとなく寂しい人のように感じられるかもしれませんが
「いかに欲を満たすか」でなりたっている感のある資本主義は、結局のところ
不自然というか、自然を壊してしまうような生き方に繋がってしまうので
欲を捨てた(ようにも見える)この〔考え方〕は
ある意味、『SDGs』に沿った生き方ということも言えるような気がします。

また、やりたいこと・やるべきことをちゃんと絞ることで
時間とお金を “つくる” ことができますよね。

自分を変えることが難しい場合は○○するといい〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

2022年が始まって1ヶ月弱・・・

毎年、初詣には、神様に向かってお願いごとをしたり
今年の目標・誓いみたいなものを立てるわけですが、その思いの裏側は
自分に何か足らないものを感じていたり、自分自身を変えたいという気持ちが
少なからずあるように思います。
(もちろん、私もその一人です)

とはいえ、なかなか自分を変えることは難しいのは百も承知。

では、どうすればいいのでしょうか?


以降、私が耳にした話で
「なるほど!」と思ったことを書いていくと・・・


自分を変えるのではなく、日常を整えていく。

つまり、整(ととの)えれば調(ととの)う。


日常使うモノを整えて
(モノの “住処” をちゃんと決める)
自分の手で空間に変化をもたらせば
暮らしに変化が訪れ、心も自然に調い
丹精な日常となっていく。

使わなくなったモノ・余分なモノを丹念にそぎ落とし
最後に残ったシンプルなモノや情報と向き合うことで
“真の願望” を見つけることができるに違いない。

そうすることが人生に劇的な変化を招き入れることになるとのこと。


よって
「ダメな自分」を責める必要も
「意気地なしの自分」を奮い立たせる必要も、
「自分を変えよう」と躍起になる必要もなく。。


自分を変えるのに特にやってはいけないことがあって、それは
「よーし、自分を変えるぞ!」
と、気持ちで自分を変えようとすること。

これが一番長続きしない。


それよりも
以下の3つの方法

1.時間との関係を変えること

2.人間関係を変えしまうこと

3.環境を変えてしまうこと
  (引っ越し、転職、転校など)


が変化が確実で長持ちする。


最近よく耳にする『断捨離』

断捨離は、言ってみれば『移動の伴わないおうち引っ越し』だそうです。

社会そのものが大きく変容している今
自分自身の変容を確実にさせるのは
実は、生活空間を変えてしまうこと。

自分自身にどんな変化をもたらしてあげられるかは
やはり(?)『断捨離』にかかっているのかもしれません。

江原啓之さんお勧めの2022年パワースポット〔コラム〕

みなさま、いつもありがとうございます。

先日、スピリチュアリストでありオペラ歌手でもある江原啓之さんのとあるネット記事を見て
とても共感する部分がありましたので、少し記事をお借りしてここに紹介したいと思います。

テーマは『行くべきパワースポット』


① 産土(うぶすな)神社
産土神社とは自分が生まれた土地(厳密には生まれた産院のある場所。産院がわからなければその実家でもOK)の神様を祀る神社のこと。実家近くの産院などなら、いま住んでいる場所とは遠く離れているかもしれません。産土の神様は、あなたがこの世に生まれるご縁をサポートしてくださった神様ですから、お参りはまさしく原点回帰。行くべき究極のパーソナル・スピリチュアル・スポットなのです。

② 湧水公園
湧き出るというのは、生まれ出るパワー。水が湧き出る場所は素晴らしいパワースポットです。そんな湧水がある公園は、規模の大小にかかわらず各地にありますので、ぜひ探してみて。自分の街の身近な公園も、そうかもしれません。しかも清らかな水の流れを感じることは、たましいを浄める禊ぎになります。いつの間にかたまった心のモヤモヤを洗い流し、生まれ変わったような気持ちにさせてくれるでしょう。

③ 見晴らしの良いところ
疲れた心を癒して元気になったり、新しいことを始めたりしたいなら、見晴らしの良いところへ。とくに山はおすすめです。山はご神体といわれ、そのものがパワースポットであり、スピリチュアル・スポット。山の上から見る神々しいまでの景色が、あなたの生まれ変わりをサポートしてくれるはず。もし近場ですぐに、となればビルの展望台など眺めの良い場所でもOK。いつもと違う視点があなたに気づきをくれます。

④ 生命と触れ合える場所
動物園や水族館、犬猫カフェ、植物園など、生命と触れ合える場所に行きましょう。ひたむきな命の営みを間近で見ることは、生きるパワーをもらうことです。心が疲れていると、人に心を開くことができなくなり、そのまま内にこもってしまうことも。でも生きものたちがあなたの心を、やさしく開いてくれます。きっと元気になれるはず。家で植物を育てたり、花を愛でたりすれば、家がそのままパワースポットになりますよ。


(引用:『anan』2021年12月29日‐2022年1月5日合併号)

一昨日、令和1000日目

みなさま、いつもありがとうございます。

一昨日(1月24日)のことになりますが
2019年5月1日、新元号『令和』が始まってから
ちょうど1000日目を迎えました。

1~9までの各数字、また、それ以上の大きな数においても
語呂合わせやことわざなどでいろいろな意味を持たせているわけですが
この『1000』という数字にも何かしら意味がこめられているように思えます。

『救済』の 手観音

『祈り』の 羽鶴

また里を超えて」というように。。

ある意味、たくさんの人の、たくさんの思いが積み重なり
それが形となって現れ始める〔日〕〔期間〕ということなのかもしれません。


ことわざにもある『石の上にも三年』・・・

3年は1095日。
1095日1日たりとも休まず我慢しろと言わないまでも
1000日も何かしら “我慢” すれば、何かしら方向性も見えてくるのではないかと。。


いずれにしろ
『令和』に言葉に込められた本来の “姿”

beautiful harmony(美しい調和)

がより現実に姿となって現れることを願って。。

眠れぬ夜に〔♯1〕『喜び』とは?

みなさま、いつもありがとうございます。

眠れぬ夜に・・・
明日につながる希望の哲学シリーズ 〔♯1〕

『喜び(よろこび)』とは・・・
『苦しみを受け止めること』である。




「明日が楽しみで夜も寝られない」

子どものころ、誰もが経験したであろうこの思い・・・

それが大人になるにつれ喜びは小さくなっていき
むしろ悩んで眠れなくなってしまう夜の方が多くなっていきます。

しかし、冷静になって1日を振り返ってみると
小さいながらも、しあわせと感じる場面が少なからずあるのではないでしょうか。

そう、大切なのは
 何気ない日常の中でいかに小さな『喜び』を感じられるか
というところにあると思います。

本来、人は誰も同じように
『苦しみ』と『喜び』を平等に味わうものですが
楽しそうに生きられる人とそうでない人がいるのは
苦しみの受け止め方が異なることにあると思います。

そういった意味では、苦しみから目を背けたり、逃げようとせず
苦しみと戦い、苦しみを本質的な部分で受け入れているほうが
強く、明るく生きていけるような気がします。

(日常を『苦しみ』と表現するのはちょっと重たい感じがするかもしれないですけどね)

このことを少し例に挙げて言うなら
“あたりが真っ暗で漆黒の闇の中にいるからこそ、夜空の星がまたたいて見える”
ということになるのかもしれません。

また、やまない雨がないように
人生は苦しみばかりであるはずがないので
きょうの『苦しみ』は来るべき『喜び』のための “貯金”
と考えられるといいかなと思います。


(引用:『眠れぬ夜の哲学』小川仁志著 PHP研究所)

悩みはどのようにして解消されるのか

みなさま、いつもありがとうございます。

カウンセリングを身近なものに。

悩みはどのようにして解消されるのか、思いつくものを下記に挙げてみました。

悩みの質や大きさ、また人によって何かしらの傾向があるのかもしれませんし
ご自身が過去経験した問題や悩みがどのようにして解消されたのか振り返ることで
・解決に向け、真摯に取り組んでいく必要があるのか(消していくのか)
・意識や考え方を変えることですむ話なのか(消えていくのか)
自分なりに(問題、悩みの)対処の仕方が見えてくるかもしれません。

〔対処〕
・問題が解決したとき         ・(相談するなどして)問題解決の糸口が見えとき

〔補助、共有〕
・誰かが助けてくれると感じたとき   ・人に理解してもらえたとき
・許してもらえると感じたとき     ・自分だけでの責任ではないことが分かったとき
・適切なアドバイスをもらえたとき   ・みんなも同じ悩みを持っていることが分かったとき

〔心の変化〕
・気分や考え方が分かったとき     ・どうでもいいと思えたとき
・なんとかなるさと感じたとき     ・自分に自信がもてたとき

〔意識の縮小、消滅〕
・時間がたったとき             ・つらい状況に慣れてきたとき
・もっとつらい状況が起こったとき      ・問題の原因が明らかになったとき
・何かに集中して忘れてしまっているうちに  ・恋愛などの楽しい時間をすごしているうちに
・問題だと思っていたことが実は問題でなかったとき   など


(参考文献:『目からウロコのカウンセリング革命』下園壮太著 日本評論社)